JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9歳の大き目のチワワ5kgです。背骨の脇に表面直径4cm位の腫れがあります。膨らみはなだらかで、そんなに硬くありませ

解決済みの質問:

9歳の大き目のチワワ5kgです。背骨の脇に表面直径4cm位の腫れがあります。膨らみはなだらかで、そんなに硬くありません。食欲も元気も普段と変わらず、痒がったりもしていません。押しても嫌がらないので痛みは無いようですが、心配です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

いつ気付かれましたか?
股気付いてから大きくなってきていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

気付いたのは5日前。


背中をさすった時少し腫れてるかなと思いましたが痛がったり痒がったりしてないので様子を見てました。


でも少しずつ腫れ膨らみが大きくなってる感じです。


 


<ハニーの近況>


1ヶ月前から脱毛気味でしたが今は落ち着いてます。


ハニーは肥満気味で6.6Kgありましたが、半年前から食事量を少しずつ減らしダイエット中です。食事は市販の半生と生ドックフードです。


今5Kgで身軽になりました。


 


1年前、歯周病で歯が数本抜け落ちてしまったので病院で歯石除去をしてもらいました。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

状況からは何らかの腫瘍性のものが一番疑われます。
何かできものができている場合、腫瘍科炎症で腫れているということになりますが、4cmというのはかなり大きめで、炎症であればほとんどの場合、痛みや熱感を伴います。

ですので、少しずつ大きくなって来る痛みのないものということで、腫瘍性のものが一番可能性として高いと思います。
ワンちゃんの皮膚腫瘍というのはかなり 多く、部位的にはどの腫瘍が多いということはありません。

良性腫瘍としては脂肪腫や基底細胞腫など、悪性腫瘍であれば皮膚肥満細胞腫や皮膚型リンパ腫などがあります。
炎症を含めてこれらの鑑別には、針を出来物に刺して行う細胞診というものが一番一般的です。
これをしてもらい、炎症なのか腫瘍なのか、腫瘍であればどのようなものが疑わしいか(細胞に特徴があるものを除いては確定診断をつけることが難しいものが多いですが、どの腫瘍が怪しいかというのは出てくることが多いです)を見てもらった方がいいでしょう。
腫瘍性のものの場合、脂肪腫を除いては早めの手術をされたほうがいいことが多いです。
良性のものは転移をするということはほぼないですが、大きくなって腫瘍が感染したり、自壊したりしてしまうことがあるため早めに摘出することをお勧めすることが多いです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問