JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして、こんばんは。 鈴木と申します。 どうぞよろしくお願いいたします。 2歳半のフレンチブルドッグ

解決済みの質問:

はじめまして、こんばんは。
鈴木と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

2歳半のフレンチブルドッグ、女の子。体重16キロ(ガッチリと大きめの子です)

先日、3週間ほど前から、右側の首元がヒクヒクというか、ピクピクと心音と同じような
速さで動いています。
 小さいときもあれば、耳や頭が動くほどの揺れがあるときもあります。
今も少しなっていますが、 今回で4回めです。
だいだい、寝ている体勢の時がほとんどです。
しっかりと眠りに入っているときはなりません。
時間的には、数時間のときもあれば、1時間ほどで見られなくなることもあります。

先日、かかりつけの獣医さんに動画を撮り見てもらいました。
「心音の雑音がないのと、筋肉が痙攣しているのではないので大丈夫でしょう。」と
言われましたが、当人はそれが始まると眠れないみたいですし、
痛いのかそばに来てとても甘えます。
いかがでしょうか。
ご見解をお聞かせください。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

皮膚の表面のピクピクは、皮筋反射といわれるもので、通常は皮膚に何らかの刺激があったときに起こる反射です。
基本的には局所の痛みや刺激に伴うものですが、部位的には首の背中側でしょうか?お腹側でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

こんばんは。よろしくお願いします。


 


部位は右耳の付け根から、肩にかけて指2本ぐらい下あたりです。


皮膚についての異常は今のところないみたいです。


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなると可能性としては
1.末梢神経(皮膚自体にある神経)の一時的な過敏あるいは疾患(まだはっきりとしたことは解明されていません。
2.耳の奥の異常(外耳炎や中耳炎など):よく耳を振っている、あるいは書いているということがあればこれの疑いが強いでしょう。
3.首から末梢にかけての神経の異常(頸椎ヘルニアや環軸不安定症など)
4.脳からの指令の異常(てんかんの部分発作)

ということになります。
正直 なところ、これらの鑑別は専門的な知識や検査機器がないとできなく、また急に悪化することが少なく一時的な過敏で終わることも多いため、ひどくない場合は様子を見ることが多いです。
ただし、少し経過が長いのと、文面を読む限りは少し症状が強そうではあるので、神経科のある病院で調べてもらった方がいいかと思います。
神経学的検査のほかにMRI検査も必要になる可能性がありますが、まずは実際に起こっているところをムービーで撮って持って行き、診てもらって、身体検査と神経学的検査から、病気を絞り込んでいってもらうのがいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問