JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

3か月ほど前から便が柔らかく出にくい状態が続いています。現在も同じで便がでないために大きな声で苦しそうに泣きます。ど

解決済みの質問:

3か月ほど前から便が柔らかく出にくい状態が続いています。現在も同じで便がでないために大きな声で苦しそうに泣きます。どういう病気の可能性が有りますか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

便が出にくくなる病気としては
1.外陰ヘルニア
 肛門の横の筋肉が弱ってしまい、腸が横に曲がっ てしまうため、便が出にくくなる。

 ひどい場合は手術が必要です。
2.前立腺疾患
 前立腺は直腸のすぐ下にあるので、何らかの原因でそこが腫れると便が出にくくなります。
 良性の前立腺肥大や前立腺炎は未去勢のオスの子に起き、前者では去勢手術が、後者では抗生剤が治療になります。
 また去勢未去勢を問わず、多くはないですが、前立腺腫瘍で腫れてくることもあります。

3.大腸の腫瘍
 悪性良性を問わず大腸にできものができるとそれにより便が出にくくなります。
 基本的に手術が必要です。

4.ひどい大腸炎
 人でも下痢をしているとしぶりと言われるものが起こりますが、それと同じで大腸炎によりしぶりで出にくいというよりは絞り出すように最後の便を出すため、便が出にくくなっているように感じることがあります。

1,2は肛門から指を入れて触診をする直腸検査で比較的簡単に診断がつきます。
もしそれで問題がない場合は大腸の腫瘍の可能性があるので、バリウム検査か内視鏡検査をしてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問