JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

犬のリンパ腫の治療と食事について教えてください。

解決済みの質問:

犬のリンパ腫の治療と食事について教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

リンパ腫はワンちゃんで最も一般的な腫瘍の一つであり、治療法もかなり開発されてきています。
残念ながら完治はできませんが、治療でかなり良い状態をある程度保つことは可能です。
リンパ腫自体は直接嘔吐の原因になることは多くはないですが、リンパ腫による悪液質や、リンパ腫が出す種々の炎症物質、肝臓への波及などが嘔吐を引き起こしている可能性は高いです。
リンパ腫の治療によって状態が改善できる可能性は高いです。

抗がん剤と聞くとそれだけで拒否反応を起こしてしまう飼い主さんは多 いですが、実際には飲み薬だけで行けるものもありますし(効果は他のものに比べると落ちますが)、注射や点滴のものでも副作用のリスクが少なく、効果が期待できるものは多いです。

一般的な治療法にはプレドニゾロン(飲み薬)とサイクロホスファミド(飲み薬、点滴)、ビンクリスチン(注射)、ドキソルビシン(点滴)、Lアスパラギナーゼ(注射)などを組み合わせてやっていくことが多いです。
通常、週一回来院して検査をして問題なければ抗がん剤投与をするということが多いです。
どの薬剤にも一長一短があり、副作用が比較的出にくいものと出やすいものもあり、内臓の状態に寄っても使えるもの使いにくいものがあります。

少なくともほとんどの子は一時的だとしても状態の改善が望めることがほとんどですので、病院で相談してどういった治療をするのか相談されたほうがいいでしょう。
リンパ腫は一般的な腫瘍ですので、どの病院でも治療はできると思いますが、できれば少し大きめの病院の方が、リンパ腫の患者さんも多いでしょうし、経験も多いと思いますので、いいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


現在何にも食べれていませんが、抗がん剤治療に耐えられでしょうか。


1週間前の血液検査では貧血もなく総蛋白もアルブミンも正常でしたが、体重が急激に減っています。まだ、歩くことはできます。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

治療に耐えられるかどうかは、状態次第ですが、ステロイドやLアスパラギナーゼなど副作用の起こりにくいものを最初に使われれば副作用がでる確率は高いでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問