JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスの12歳の女の子です。昨晩の9時頃から、落ち着きがなくなり、動き回っては落ち着きの繰り返しで、明ら

解決済みの質問:

ミニチュアダックスの12歳の女の子です。昨晩の9時頃から、落ち着きがなくなり、動き回っては落ち着きの繰り返しで、明らかに様子がおかしいです。
その後様子を見ているのですが、お 腹など何処かに激しい痛みがあるのではないかと?ベッドで寝ていても突然ウロウロと歩き回り、落ち着きがありません。その時に抱っこをすると、ヒーヒー言います。嘔吐はなし。ヘルニアを疑いましたが、普通に歩いております。今も動き回っては落ち着きの繰り返しです。
夜間に見てもらえる病院がない為、朝一で病院に行く予定ですが、あまりにも辛そうで、何か悪い病気でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

M.ダックスの12歳の雌のクッキーちゃんで落ち着きなく、うろうろして抱っこするとヒーヒー鳴くとのことですね。

可能性としてはやはり椎間板などの脊髄疾患の可能性が高いと思います。脊髄疾患でも始めのころは明らかなハコウ(所謂ビッコ)や麻痺の症状がでないことはよくございます。

抱っこした時に痛がるのも抱くときに腰が圧迫されるので痛がるもので椎間板疾患のときなどによく見られる症状です。

夜間救急にて診察が難しいということであれば、朝までのあいだは絶対安静にして動かないようにしてあげてください。

高齢なので脊髄の炎症を起こす原因は椎間板以外にも感染症、脊髄梗塞、腫瘍などいろいろ考えられますが、まずは安静にして動かさないことをお勧めいたします。

朝一での診察をお願い致します。検査は血液検査やレントゲン検査をすることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問