JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 9才のメス、パピヨンの最近の症状について理解不能なので、お教えください。 半月前から、高いと

解決済みの質問:

はじめまして。
9才のメス、パピヨンの最近の症状について理解不能なので、お教えください。

半月 前から、高いところから飛び降りることを躊躇、また飛び上がることもためらい、階段を下りるときに壁伝いするので、白内障かと疑いました。そのほかに、テーブルのした、隅にいき、怖がるようになりました。飼育環境は必ず人が家におり、散歩や食事などはもちろん愛情は過不足ないと考えております。
かかりつけの獣医にゆき、白内障を見てもらいましたが、まだその兆しはないとのこと。家に帰り、その後の様子が、普通になったり、また怯えたりし、震え出し、人に触られるのも嫌がり出しました。
食事も催促はなくなりました。くるくる回転したり(しっぽを追いかけるのでなく)後ずさりしてよろよろ歩いたりの異常行動をしだします。

そこで、大きな医院に行き、精密検査をしました。内科的に、外科的に顕著に悪いところは認められませんでした。
その折、肛門腺が腫れており、ここが痛いし可能仕掛けているということで抗生剤の注射をしました。
あとは脳に何らかの異常があるのかもしれないということでした。一時は通常に戻りました。抗生物質も飲んでいます。が、抱かれることに緊張を示し、爪を立ててしっかり落ちないようにしようとします。
震えと、毛が荒れ、常に飼い主の行動を追いかけ、アイコンタクトを取ります。動きは緩慢で、排便も促さないといきません。気ままで、動き回る犬でしたが、今はだらりと寝ております。
以上の兆候が私の目から見たものです。救いは、好きな人が帰ってきたときには首を持ち上げ見ようとするのが救いです。
以上、よろしくお願いいたします。

                                大阪 ひろた
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

精密検査とは具体的にどのような検査をされたのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

一般血液検査ーCBC,電解質、生化学9項目ー血液ガス検査OPTiー乳酸値 ラクテート、アンモニア、CRP,血液凝固検査、FDPLテスト、尿検査ーディップスティック、尿沈査検査、ーレントゲン


3シャッター 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

症状からは、開始主さんも書かれている通り、脳の疾患の可能性が高いかと思います。

目が見えにくいような行動も、あとずさりやよろよろという行動もそれですべて説明がつきます。

脳の異常としては脳炎や脳腫瘍、脳梗塞など色々考えられます。
病気によって内科的な治療になるのか(脳炎や脳梗塞など)、外科的な治療になるのか(脳腫瘍など)が違います。
これらを調べるためには脳のMRI検査が必要になります。

大阪であればネオベッツVRセンターや大阪府立大学にMRIがあるのでどんどん症状が進行してしまい手遅れになる前にそちらを紹介してもらい、検査をしてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問