JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

トイプードル7歳 胸に痼り 現状は、元気で良好。

解決済みの質問:

トイプードル7歳 胸に痼り
現状は、元気で良好。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問したい事は何ですか?

しこりがあるけれどもどうすればよいか相談したいという事ですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

痼り部分は、柔らかく 指で押せば動きます、


原因は、何なのか


摘出手術が必要なのか、


知りたい、のでお願い致します。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因として考えられるのは

①良性の脂肪腫とよばれる腫瘍です。犬で多い良性の腫瘍です。
 中高齢の犬によく認められるもので原因は不明ですが、非常に多くみるものです。
 おそらく犬に出来やすいものなのでしょう。
 
 転移したり痛みを伴いませんので、運動の邪魔になったりしなければ手術で
 切除するなどは必要ないでしょう。但し、何処にでも出来るので関節に出来て
 動き難いなど問題が生じる場合には手術をすることが推奨されています。

②その他の上皮系の悪性腫瘍
 リンパ腫や肥満細胞腫などの腫瘍が出来ていることが可能性としては
 ①以外だとあります。

調べる方法としてはしこりの一部を切除して調べる、あるいは針で刺す方法で
組織を採取して調べると悪性腫瘍あるいは良性腫瘍、その他などをある程度
判断できるのでその上で手術が必要かなどを検討することになります。

悪性腫瘍が疑われた場合には血液検査やレントゲン検査、腹部超音波検査などで
腫瘍の転移の有無や臓器の状態を確認することが必要です。

脂肪腫の事が多いので、それだとは思いますが検査していませんので
明確な判断は出来ません。

一度病院で針を刺す検査などをしてもらいましょう。
簡単な検査で痛みもほとんど無いはずですから、すぐに検査してもらって
今後の方針を立てましょう。

病気は早期発見、早期治療が一番ですよ。

腫瘍などで手術が必要な場合には手術になりますが
脂肪腫で害がなければそのまま経過観察になるでしょう、
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問