JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

スイス、チューリッヒ在住の悦子ガロと申します。愛犬ブキ7歳半雄去勢手術済、3色のコリーです。実はこちらの獣医さんに診

解決済みの質問:

スイス、チューリッヒ在住の悦子ガロと申しま す。愛犬ブキ7歳半雄去勢手術済、3色のコリーです。実はこちらの獣医さんに診察を11月22日に受け、お薬を頂き、服用させておりましたが、良くならず、悪化した気がして、ご相談させていただきます。レントゲンも撮り、血液検査もした上でのみたてでは、頸椎が炎症を起こしてい、痛みがあるようだとのことでした。首を左に向けて曲げようとすると痛いらしくいやがります。排尿異常ないようです。軟便。いままで様子を見てきましたが、今朝は部屋の隅や、庭に出すとこれも庭の角に頭を向けて呼吸を早くしています。その他には痛み止めの薬の為かぼーっとしていて、すべては認識できていないようです。こちらの獣医さんはもう少し様子を見ましょうと言われますが、どうしたものか不安です。2週間まえに散歩の途中で豚肉のなま肉を発見したようで、少し食べたかもしれません。それが果たして影響しているかどうか?
ご相談に乗っていただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

コリーの7歳半の去勢オスのブッキーちゃんですね。

11月22日に診察されて症状が改善していないということですね。

今飲んでいるお薬は消炎鎮痛剤とその薬のために胃炎がおきるのを予防するためのH2ブロッカーで胃酸の分泌抑制剤と最後にトラマドールはオピオイド系の鎮痛剤です。

トラマドールのせいでボーとしている可能性があります。

症状としては頸椎の炎症ということですが、つまりそれは頸椎のヘルニアなどの脊髄疾患ということでしょうか。

それとも意識レベルの変化がみられるような脳の異常の可能性があるのでしょうか。

いずれにしても正確な神経学的検査をすれば場所の特定がある程度できると思います。

もし首が痛いのであれば、コルセットのようなもので首を固定して動かさないようにすることも考えられます。動けば炎症がいつまでも治まらず、そのため痛みが残り続けます。

あるいは、そちらの病院ではCTやMRIがあるのでしたら、痛みの場所の特定や頸部脊髄の異常を調べるためにとられてみてはどうでしょうか。ただしこれは麻酔をかけての検査になります。またその際に炎症や感染の有無を調べるために脳脊髄液を採って検査をする場合もございます。

そのようなことができる病院があれば一度受診されることをお勧め致します。

もし頸部の椎間板疾患やそれ以外の脊髄疾患だとしても自由に動かせる状態ですと、せっかく消炎鎮痛剤や痛み止めを使っても炎症がいつまでも取れませんのでこのままではなかなか良くならないと思います。

ブッキーちゃんの病状を豚肉の生肉を食べたのが原因の可能性は全くないとは言えませんが、可能性は低そうです。

今現在はブッキーちゃんの首はまっすぐ前を向いているのでしょうかそれとも曲がっているのでしょうか。

 

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

できればブッキーちゃんの11月22日の状態や今現在の状態をもう少し詳しく教えていただければと思います。

ブッキーちゃんは首をまっすぐにしており、左に向けるのを嫌がるということでしょうか。

部屋の隅に居たり、庭の隅を向いていたりする症状からは意識レベルの異常をうかがわせますが、病院では意識レベルの正常とのことでしょうか。意識レベルが正常である場合には首が痛すぎて動きが鈍っていることも考えられます。

もし頸部の椎間板ヘルニアなど脊髄疾患の場合、ひどくなると痛みだけでなく前肢、後肢の麻痺も生じてきます。本来ならば絶対安静を指示されるべき状態だと思います。

今まで安静にしておられなかった場合には、ぜひ今後安静にして散歩もなしで首輪にリードなど絶対に避けるべきです。

麻痺などなしで痛みだけの場合には安静にすることで症状が改善する場合があります。

もし麻痺が生じた場合には手術をすることになります。

スイスの獣医療のことはよくわかりませんが、なんとか内科療法で治ってくれるように願っております。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧に重ねてのご忠告をありがとうございました。今日、こちらの獣医さんにまた電話し、悪化したことを報告したところ、明日再度診察して、神経系の診察をしてくださり、外科的治療が必要な場合は月曜日ということになりました。内科的治療ではかなり長くかかるのでしょうか?それに完治するのでしょうか?外科的治療の危険度は高いので しょか?今とっても不安です。現在は排便、排尿は庭でさせていて、散歩には連れて行っていません。今日は歩き方も少しふらふらしていて、時々いままで通ったことのないテーブルの脚と脚の間のやっと通れる狭いところを通ったりして私たちをびっくりさせました。やはり意識レベルの異常を考察されます。先生にご相談できてとても安心しました。本当にありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。ご返事ありがとうございます。

返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

神経テストをする場合には、姿勢反応、脊髄反射、脳神経テストをしてあげてください。

これらの検査は無麻酔でできる検査です。これにより病変のおおまかな位置を決めることができます。

トラマドールで意識レベルがやや落ちている可能性もございます。

首が痛いのか、もっと上部の脳内の異常なのかで治療の方針が変わってきます。

テーブルの脚と脚の間など狭いところを通過できるのであれば四肢麻痺がおきてそうには思えません。首の痛みだけの場合には安静にして動かさなければ炎症がそのうち治まり痛みが取れる可能性があると思います。痛みが取れるまでには週単位の治療が必要かもしれません。しかし今現在治療をはじめて1週間たっております。

名前を呼んでも答えず明らかに意識レベルの異常がある場合には脳内の異常の可能性も考えられます。

その場合には原因を調べるためにはMRI検査が必要なことがございます。

頸部の痛みが良くならない場合にはMRIを取るなどして、痛みの場所を特定し、手術をすることになりますが、その場合には手術経験のある先生にしていただくことをお勧め致します。手術の成功率は術者の腕にもよりますが決して難しい手術ではございません。

病院にかかられるまでは安静にして過ごしてあげてくださるようお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。これから再度の診察を受けに行ってまいります。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ブッキーちゃん、しっかり検査していただいてより適切な治療を受けられるように願いっております。

飼い主様も獣医さんを信頼して看護に頑張ってください。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

診察を受けられてその後ブッキーちゃんのご様子はいかがでございましょうか。

ご返事お待ちしております。

犬 についての関連する質問