JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

排便の後に出血します 便にも粘膜がついていたり血がついています 便が固いときキャンと泣いていたこともありましたが

解決済みの質問:

排便の後に出血します 便にも粘膜がついていたり血がついています
便が固いときキャンと泣いていたこともありましたが その時は切れて血がついているのだとおもっていました
最近は柔らかい便でも出血します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

病院で診てもらったということでよろしいですね?
その時どのような検査をされましたか?
検便、直腸検査、肛門のうの検査してもらっていますか?
それから下痢はかなり長く続きましたか?
体重の減少などはありますか?


もう少し情報を頂けると助かります。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

検便はしました 肛門のうは絞ってもらってます


下痢は絶食して一日で止まりましたが一週間後にまた繰り返し絶食して一日で止まりました


絶食の後少しずつ食事の量を増やして10日かけて元に戻しました


体重は減ってません


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなるとやはり大腸から出血しているということになりますね。

大腸からの出血は大きく分けて
・大腸の炎症
寄生虫、大腸炎(潰瘍性大腸炎やIBDなど)、腸の環境の悪化(悪玉菌の増加など)、食餌アレルギーなど
・腫瘍
良性の腫瘍(ポリープなど)や悪性腫瘍(腺癌やリンパ腫など)
にわかれます。
まずは何度か検便をやってもらい(ジアルジアなどは何度か検便しないとわかりません)、下痢止めだけでなく、ビオフェルミンなどの整腸剤や、悪玉菌を叩くための抗生剤 (メトロニダゾールなど)を使うのもいいでしょう。
それでも続く場合は、少し複雑な大腸炎や腫瘍がある可能性があるので肛門からの内視鏡をしてもらい、検査する必要が出てきます。
指が届く範囲であれば腫瘍や潰瘍などはさわれることがあるので、肛門から指をいれる直腸検査をしてもらった方がいいです。

それ以外には副腎皮質機能低下症というホルモンの病気でも血便が出ることがありますし、凝固機能異常でも出ますので(通常は皮下出血や他の粘膜出血も伴いますが)、原因がはっきりしない場合はこれらの検査も必要になるかもしれません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問