JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

トイプードルなんですが半年に1回ぐらいで食欲がなくなり、フンが柔らかく、急に痙攣(手足を突っ張る動作もする)を2~3

解決済みの質問:

トイプードルなんですが半年に1回ぐらいで食欲がなくなり、フンが柔らかく、急に痙攣(手足を突っ張る動作もする)を2~3分程度発症し、静かに抱いていると収まります。よだれが垂れる。
 次の日になると元気になる。
病院に行って血液検査しても問題なし 

どうすれば良いか教えてください
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

症状と頻度からはてんかんが一番に疑われます。
何歳のころからありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


9ヶ月くらいから発症してます

質問者: 返答済み 4 年 前.


9ヶ月くらいから発症してます

質問者: 返答済み 4 年 前.

9ヶ月ころからです

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
それであればほぼ特発性てんかんで間違いないでしょう。
トイプードルの子でも水頭症からてんかん発作を起こすこともありますが、その場合は発作以外にも色々症状が出てくることが多いので、発作の頻度を考えても特発性てんかんがいちばん疑わしいです。

特発性てんかんとは原因不明の脳波の異常(人のそれと同じです)で、発作の頻度、重症度はそのこによって異なります。
ですので、ひどい子はお薬を飲ませないと毎日起きてしまうとか止まらない発作が起きるということもあります。
特別命にかかわることはまずありませんが、徐々にひどくなる子がいたり、発作が長くなると脳にダメージが出て発作がひどくなったり、発作の間に熱中症を起こしてしまうこともあり ます。

もし水頭症や他の脳の病気(発症時期と経過からはまず考えにくいですが)を心配される場合はMRIをとって脳の検査をしてもらえば安心できると思います。
プリンちゃんのような典型的な特発性てんかんの症状を出している場合は特発性てんかんと臨床診断して、発作の頻度と重症度で治療をしていくかどうか決めます。

それほどひどくない発作が4から6週に一度より少ない場合(プリンちゃんもこれに当たりますが)は特別治療しないで様子を見ていくことが多いです。
それ以上の頻度になる場合、飼い主さんが発作を見るのが耐えられない場合、頻度が低くてもなかなか止まらないかなり激しい発作を起こす場合はお薬を使っていきます。
ただしこのお薬は毎日飲ませないと意味がないです。
少し肝臓に負担のかかる子もいるため、上に書いたように頻度が低い場合はお薬を飲ませるよりも飲ませない方がデメリットが低いと考えて治療をしないのです。

ただし、急にとまらない発作(重責発作)が起こることもあるため念のため重責発作が起こってしまった場合に発作を泊めるための座薬は常備しておいた方がいいと思いますが、特に今のままであればそのまま様子を見ていくのもいいと思います。
飼い主さんが原因を突き詰めたい場合はMRIを予約してとってもらう(ただし、全身麻酔が必要)のも悪くはないと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問