JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんにちは。現在5歳になるイングリッシュコッカー(メス)を飼っています。右わき腹を触ると、なにかやわらかい固まりみた

解決済みの質問:

こんにちは。現在5歳になるイングリッシュコッカー(メス)を飼っています。右わき腹を触ると、なにかやわらかい固まりみたいなものが皮膚の中にあります。しかし触っても犬は痛がらず、また、食欲も旺盛で元気に散歩もします。今までと変わったところはまったく見られません。これは脂肪腫なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

その場所には特にリンパ節などがあるところではなく、おそらく何かの出来物ができている可能性が高いでしょう。
さわってみて場合によってはその物に針を刺して検査してみないと確定的なことは言えませんが、柔らかい出来物であるという場合には一番可能性として高いのは良性の脂肪腫と呼ばれるものになります。
脂肪腫の場合は特に転移をしたり、浸潤をしたりすることもなく、よほど大きくなって動きに支障をきたすことがなければそのまま放置しておいても問題ないです。

ただし、文面のみからそれが脂肪腫であるということは言えず、皮膚の肥満細胞腫などの悪性腫瘍である可能性もあります。
皮膚にできるものであれば、たとえ悪性腫瘍であっても外科手術で早期に取り除けば完治ができます。
進行してからになってしまうと肺などへ転移をしたり、大きくなりすぎて切除できなくなってしまったりすることもありますので、1日を争うものではないと思いますが、行けるときに早めに病院で診てもらうことを強くお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問