JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

11歳のチワワ(雌)の症状についてお尋ねします。 11/11(日)  ・午後2時過ぎ~ 突然吐く。→その場

解決済みの質問:

11歳のチワワ(雌)の症状についてお尋ねします。

11/11(日) 
・午後2時過ぎ~
突然吐く。→その場に倒れ、ひきつけ(痙攣)を起こす。目は開けたまま、四肢、身体を硬直させる(約10分間)

・午後2時半~
近所の病院へ。診察台の上ではフラフラしながらも座っている。意識は混濁している様子。体温を測ると37度で「低すぎる」と言われる。血液検査はしない。「今出来る限りの処置」とのことで、乳糖リンゲル、ビタミン、もうひとつは不明(抗生剤ではない)の注射。自宅で様子をみることに。痙攣の原因は不明と言われる。

・午後5時半過ぎ~
再び痙攣発作が起きる。同じ病院へ。体温は0.5度程上昇。その時右目の白目に出血があるのを見つけ「脳に異常があるかもしれ ない」と言われる。1回目と同じ乳糖リンゲルを注射、痙攣を抑える座薬(24時間に3回投与可能)を入れる。「これでもう痙攣はおきません」と言われるが、8時間以内にもしまた起こった場合座薬を入れても良いかと尋ねると、「もう痙攣は絶対に起きないと理解して下さい」と言われる。犬は家に戻っても相変わらずぐったりして、思うように身体が動かせない様子。

・午後6時半~
三度目の痙攣発作。数分で収まるが、硬直がとれてもぐったりしている。呼び掛けると小さく反応するが、意識ははっきりしていないように感じる。目を合わせない。

・午後8時過ぎ
先ほどよりは意識がはっきりしてきた様子で、突然起き上ったが、肛門より少量の出血あり。(座薬のせい?)

看て頂いた先生からは症状がおさまれば、もう診察に来なくても良いと言われています。
痙攣にもてんかんや脳腫瘍等原因が色々あるようですので、もし薬で症状がおさえられるのであれば、原因を調べて、病気に合った治療をした方が良いと思うのですが…。
以上、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

原因としては
①脳の疾患
 A:脳炎 大抵の場合には免疫介在性と言われいる原因不明の脳炎
 B:脳腫瘍 髄膜腫などの脳腫瘍が出来ている。
 C:水頭症 高齢ですが水頭症が悪化している場合もあるかもしれません。

MRI検査やその際に行う髄液検査でわかります。
状態に合わせてステロイドや利尿剤、抗けいれん薬、 抗生剤などを使用します。
Bの場合にはその他に外科手術、放射線療法などもあります。
Cの場合には内科的にコントロールが難しい場合にはVPシャントチューブというのを
入れて頭に溜まり過ぎた水を抜いて腹腔に逃がす手術をする場合もあります。

②脳以外の疾患の場合
心臓疾患:レントゲン検査や心電図、血圧、胸部超音波検査で診断
低血糖;低血糖でも発作を起こす場合があります。原因としてはインスリノーマ
などの血糖値をコントロールする膵臓の腫瘍です。
低カルシウム血症:出産後や授乳中のカルシウム不足で起こす事が多いでしょう。
腎不全;腎不全の尿毒症で血液を介して脳に毒素が回り発作を起こす。
肝臓機能障害;肝臓の解毒作用が低下して血液を介して毒素が脳に回り発作を起こす

が考えられます。

おっしゃる通り原因を調べて病気にあった治療が必要です。
早めに大学や2次診療施設、あるいは脳疾患を得意とする病院を探して
検査や治療をしてもらいましょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問