JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2才のフレブルです。今朝からずっとどこか痛いようで、よたよた歩きです。しかも、時折恐ろしいほどの 叫び声をあげます

解決済みの質問:

2才のフレブルです。今朝からずっとどこか痛いようで、よたよた歩きです。しかも、時折恐ろしいほどの
叫び声をあげます。余程の痛さだと思います。獣医にみせましたが、抗生物質の注射をし、薬も出しましたが、これといってどこが悪いかの診断はついていません。下半身が痛いようであるのは、 わかります。
先ほど、少し食べたそうな様子でしたので、(昨日の午後から何も食べていません)お肉をあげましたら
3口目で急に苦しみ出し、また叫び声をあげ、失禁しました。そして急激に悪くなり、息も苦しそうで横になることもできず、壁によりかかったまま、ぐったりしております。どうしたらいいでしょうか。獣医には、また
連絡することにはなっていますが、もし、悪ければ、東京に送ると言ってます。離島という環境のため、
獣医の手におえない時は送るらしいのですが、この状態で送って大丈夫か心配です。注意すべきことが
ありましたらアドバイスをお願いします。耳の中と股にただれがあります。もう1年くらい、治ったり悪くなったりをくりかえしています。今日、獣医に熱は微熱といわれました。嘔吐はありません。どのような病気が考えられますか。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

フレブルちゃんの場合は腰のヘルニアや背骨の奇形があることが多いですが、レントゲンは撮ってもらいましたか?
おそらく症状からはこれらの脊髄あるいは脊椎疾患が一番疑われます。
文面から見る限りではかなり強烈な痛みがあるのではないかと思われます。

とにかくお家では安静にしてもらうこと、できれば病院で痛み止めの注射を打ってもらう方がいいかと思います。
安静にしながらの搬送であればそれほど負担もかからないと思いますし、今の症状をそのままにしておいても本人もかなり苦しいと思いますし、できる限 り早めに大きな病院で診てもらった方がいいかと思います。
ケージに入れてそっと動かせばそれほど負担はないと思います。

それから、本来は診断がついてから使うのがいいですが、それほどひど痛みの場合はステロイドを使ってあげた方がいいのではないかと思います。
これは一部の脊椎疾患(椎間板脊椎炎などの感染症)ではあまりよくないですが、多い病気ではないので、とにかく痛みをとりたい場合で、ヘルニアなどを疑う場合には強めに使うことがあります。
非ステロイド性の抗炎症薬は感染症でも使えますが、ヘルニアなどにはあまり強い効果は期待できません。

ご飯に関しては食べなくてもいいですが、少し流動状のもの(噛まなくていいもの)はあげてもいいかと思います。
背中の神経がかなり過敏になっていることが予想できるので、噛む動作でも動きによって痛みが出るのではないかと思います。

とにかくまずはステロイドを使うかどうかを相談されつつできるだけ早く大きな病院に行かれることをお勧めします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございました。


早速、獣医の所へ行って、きました。


ステロイド、朝と同じ抗生物質、ビタミン剤、抗アレルギー薬


など、たくさん打たれて戸惑いましたが、一応、ステロイドで


痛みが治まってくれるとよいと思っています。


おっしゃる通り、脊髄、脊椎などの問題だとしますと


やはりすぐに病院に送るべきですか。


様子をみるとしましたら、どのタイミングで送ることを


決断すべきでしょうか。


フレブルは椎間板ヘルニアが多いそうですが、


安静にして治ることはないのでしょうか。


航空便で送ることになります。


ご返答お願いします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

椎間板ヘルニアの場合は重症度によって治療法や緊急性が変わってきます。

重症のもの(麻痺があるもの)は基本的には手術でないと治りませんし、時間が立つと治りがかなり悪くなるのでそれが出たらできるだけ早く検査をして、場合によ っては手術してもらうことが必要です。
痛みだけである場合は緊急性は麻痺よりは落ちますが、お薬と安静で良くなって行ってくれるか、それとも手術をしないとよくならないかはCTやMRIを撮らないとわかりません。
ですので、痛みが続く場合やお薬を切ったら痛みが再発してしまう場合は東京でCTやMRIの検査をしてもらった方がいいでしょう。

軽症のものの場合は安静で症状がおさまって、普通になることもありますが、何かのきっかけで再発することはよくあります。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問