JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ロサンゼルス在住です。先週から愛犬{13歳メス、シェパードミックス、体重25キロ)の食欲が全くなくなり、多飲多尿にな

解決済みの質問:

ロサンゼルス在住です。先週から愛犬{13歳メス、シ ェパードミックス、体重25キロ)の食欲が全くなくなり、多飲多尿になったため水曜日にかかりつけの獣医へ行きました。そこでお腹が膨張していると言われ、血液検査とレントゲンを取ったところ、お腹の中に大きな腫瘍なようなものが見つかりました。そこで大きな施設の病院で超音波を取るように言われたため、本日超音波検査をしてところ、やはり腫瘍が発見されました。

担当医によると、レントゲンを見る限りでは肺や肝臓、その他の臓器に異常は見られなかったとのことです(2度目のレントゲン結果)。しかし開けてみるまではそれが良性なのか悪性なのかは判断できないとのことでした。そして手術の前にバイオプシーを薦められました(バイオプシーではっきり良性か悪性かの判断はつくのでしょうか?)。

しかし問題は費用で、バイオプシーだけで1000ドル近く、摘出手術のみでも8000ドル程かかると言われました。そんな費用は今手元にはありませんし、開けてみて悪性だった場合、進行具合で2~6月の命だと言われました。

今現在の愛犬の様子は、後ろ足がふらつき、階段を登ることもつらそうです(アパートの2階に住んでいます)。元気が全くなくぐったりしており、排泄のために散歩に連れて行ってもヨロヨロ歩いています。最初の病院でした血液検査の結果はまだ出てません。

最初の病院では少し手遅れみたいなことを言われました。今日行った病院は癌専門の動物病院で、開けてみないとわからないとだけ言われました。愛犬は13歳なので手術によるリスクはあるのでしょうか?手術中に亡くなる可能性はどうですか? 余りにも高いリスクがあるのなら、私は手術を断念しようと思っています。しかし、その腫瘍が良性で、手術によってあと3~5年くらいは生きられるという保障があるのなら、借金をしてでも手術を受けさせてあげたい気持ちでいっぱいです。

長々と申し訳ございませんが、先生方の経験によるご意見をお聞かせください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まずバイオプシーに関してですが、どのようなものをするかによって変わ ってきます。
もしFNA(針吸引)検査であれば細胞レベルで見ることになりますので、特徴的な腫瘍でないとはっきりした結果が返ってこないことも多いです(おそらく50%くらいの確率です)。
パンチ生検やコア生検といわれるものであればある程度の組織を検査しますので、かなり診断がつく確率は高いですが、全身麻酔が必要になることが多いです。

悪性か良性か、摘出できるかどうかというのはお腹をあけてみないとわからないというのはやはりその通りになってしまいます。
もしバイオプシーで結果が出ればもちろん悪性良性はわかりますが、お腹をあけてみないと小さな転移や他の臓器を巻き込んでいて切除ができないということはわかりません。

お腹の中の腫瘍はかなり大きくなっていても手遅れではない場合も多いです。
特に卵巣や脾臓の腫瘍の場合はそれ自体を摘出してしまうことができるため肝臓や腎臓の腫瘍に比べると、完治の可能性はあります。

リスクに関しては心臓や腎臓、肝臓など麻酔を代謝する臓器の機能がしっかりしていればリスクは少ないでしょう。
13歳の子でもその子その子によって状態が違うので、今の情報だけでリスクが大きいか少ないかは何とも言えませんが、もし上に書いたような臓器がしっかりしていれば麻酔をかけて大きな腫瘍を取り除くといことは多いですし、リスクはそれほど高くないでしょう。
そのあたりのリスクに関してはしっかり担当の先生と話してみてください。

「しかし、その腫瘍が良性で、手術によってあと3~5年くらいは生きられるという保障があるのなら」これに関しては上にも書きましたが、術前にはわかりませんし、細胞レベルの転移は検出する方法はないので、術後の経過を見ないとどう仕様もありません。
人でもそうですが、腫瘍の手術ではそのような保証はどこにもありません。

今文面からのみで言えることとしては、もし飼い主さんがある程度のリスク(麻酔のリスクや転移のリスク、お腹をあけても切除できないリスクなど)をとってでも治る可能性にかけたいのであれば手術をされる方がいいということです。
個人的な経験としてはお腹の中にかなり大きな腫瘍がある場合、悪性であることの方が多く、手術後3~5年生きられる子は10から20%くらいではないかと思います(これは腫瘍の種類、腫瘍ができている臓器、転移の有無によって変わってきますので一概には言えませんが、お腹の中の大きな腫瘍というくくりでの僕の個人的な経験です)。
これはあくまで参考程度に考えてもらい、やはり検査結果などを踏まえたうえで、どうするのか相談されて決めるしかないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


早急なご返答ありがとうございました。


もうひとつだけお聞かせください。もし先生が私の立場ならどうされますか?


 


先程実家の母に借金を申し出たところ、「手術をしても完治する見込みのない老犬に100万円近くの医療費は出せない。やめておきなさい」と叱咤されました。私の年収は300万円弱です。一応長年こういう時の為にペット貯金はしてきましたが、3年前に乳房の腫瘍の摘出(良性)、2年前に卵巣脳腫の手術、その時の薬の副作用で目が見えなくなったのでその治療などに貯金を全部持って行かれました。


 


母の言うことはよくわかります。私だって助かる可能性がないのに100万円近くの医療費を払う余裕はありませんし、現在そんなお金はありません。でも、助かるのならどんなことをしてもお金をかき集めたいとも思っています。獣医師として、一人の人間として、先生が私の立場ならどういう決断を下されますか?


 


また、もし手術をしない方を選択した場合、今後何をしてあげることができますか(良性の場合と悪性の場合)? ただ元気がなくなるところを見ていくだけしかできないのでしょうか?薬等で症状を和らげたりすることは可能なのでしょうか?少しでも今の状況をよくする方法は他にないのでしょうか?


 


今現在ほとんど食欲がなく、ドッグフードは全く食べなくなりました。昨日は鳥のささ身を合計3つほど食べ、犬用のおやつのビスケットを5つ食べましたが、今日はささ身も全くうけつけず、卵を3つ使ったスクランブルエッグを与えたら全部食べました。それとビスケット5つとグリコフラックスという関節によく効くサプリ(ソフトチュウタイプ)を2つ食べました。


 


野菜とお肉を煮込んだ雑炊を作ってみたものの(マルチビタミンのサプリ入り)、全く口にしません。元気だった時は大好きだったのに・・・。


 


トイレは日に5~6回外に連れて行きます(多飲多尿のため)、便はおとついからものすごく柔らかくなり、色は薄い茶色です。量は少ないです。おとつい1度だけドロッとした下痢状の便をしました。歩く速度がびっくりする程遅くて、昨夜は階段を登りきれずに落ちそうになりました。


 


犬を癌で亡くした知り合いに相談したところ、「手術できないのなら、眠らせてあげたら・・・」と言われました。しかし、元気が無いとは言え、まだ苦痛を感じている様子はなく、私が外から帰ってくるとしっぽを振って玄関まで出向かせてくれますし、郵便屋さんがくるとワンワン吠えもします。今日は病院で会った他の犬に飛びつこうともしましたが、基本ずっとぐったりと寝ています。立ち上がる時、後ろ足にあまり力が入らないようです。


 


支離滅裂な文章で申し訳ございません。今日の今日の出来事なので、ちょっと気持ちが混乱しています。。。お手数ですが、またご回答というかアドバイスをいただけないでしょうか?お願いいたします。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

もうひとつだけ・・・


 


パイオプシーですが、針吸引だと腫瘍から出血する可能性がリスクがあると言われました。しかし費用は400ドルだとか・・・。


 


他の方法だとCTスキャンを取ったりするとのこと(あまり医療の専門用語の英語がわかりませんでした)。それが1000ドルだそうです。


 


針吸引はやめておいた方がよさそうですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

犬 についての関連する質問