JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ボストンテリア オス 4歳2カ月 (8月26日生まれ) 2週間くらい前から元気がなくなりました。 ・途方に暮

質問者の質問

ボストンテリア オス 4歳2カ月 (8月26日生まれ)

2週間くらい前から元気がなくなりまし た。
・途方に暮れている感じでぼーっと座ったままでいたり、そのまま後ろ脚を滑らせて伏せの状態になってじっとしていたりします。ちょこっと移動して同じようなことをしています。
・座っているときは体がぶるぶると震えています。とくに下半身。
・夜中もぐっすり眠れておらず、何度も布団から出たり入ったりしています。
・今までしなかったのに、夜中に家の中でおしっこやウンチをするようになりました。
・散歩が大好きだったのに、行きたがらなくなった。行っても1度だけおしっこやウンチをしたらすぐに帰りたがります。
・昨晩はご飯を半分くらい残し、今朝はほとんど食べていません。夜ごはんも食べていません。
・獣医さんには2度行きました。1度目は注射をして軽いヘルニアの炎症を抑える薬とビタミン剤(5日分)をもらいました。2度目は血液検査をしたが悪いところはありませんでした。
・触診をしてもキャンと言うような痛みはありません。

今までは自分から遊ぼうとおもちゃを持ってきたり、
お散歩もぐんぐん歩いて行く、わんぱくな犬でした。
飛びついたり走りまわったり、今の元気のなさが考えられないほどです。

本当に心配で心配で、どうか適切なご意見をお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

ボストンテリアちゃんには背骨や腰骨の奇形やヘルニアが多いですが、レントゲンはとってもらっていますか?
注射や薬の名前はわかりますか?
それをして一時的にでも調子があがりましたか?

もう少し情報をいただけると助かります。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


レントゲンはとっていません。


最初に「レントゲンをとっても見えない部分だから」と言われました。


 


注射と薬の種類は分かりませんが、獣医さんは以下のように言っていました。


1回目の注射:背骨と背骨をくっつけている間の部分が炎症を起こしているかもしれないので、それを抑える注射とビタミン剤の注射(赤い液体)。


1回目にもらった薬:注射と同じ作用の錠剤。(2種類)


※これは餌に混ぜて飲ませたのですが、ぶっだが嫌がっていました。なるべく薬を避けるように餌を食べたり、無理やり薬を入れようとしてもペッと出していました。


2回目の注射:作用の説明はなかったです。ただこないだと違う注射とだけ言っていました。今日注射したので、明日また様子を教えて下さいと言われました。


 


1回目の薬をあげた2日目の散歩のときに朝ご飯のえさを全部吐きました。


3日目の夜は少し元気になってました。


その後は徐々に元気がなくなってきて、餌を食べなくなってきました。


 


情報が少なくて、すいません。


どうかよろしくお願いします。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

ヘルニアというのは、椎間板が飛びたして神経を圧迫するもので、レントゲンでは神経や椎間板はうつらないので、確定診断をすることはできません。
ただし、骨や骨と骨の間にヘルニアを疑わせるレントゲン像は出てくることが多いです。
また、ボストンテリアちゃんには背骨や腰骨の奇形(骨の数が少ないとか、骨の形が異常 )ということは多いのでレントゲンをする価値はあります。

痛みがわかればかなりヘルニアなどの疑いが強くなりますが、触診では痛みがあっても反応しない子も多く、症状や犬種、年齢からはヘルニアなどである可能性は高いとおもいます。

特に痛み止めを打って多少マシになる場合はその可能性は高くなります。

確定診断にはCTやMRIを撮る必要がありますが、まずはしっかりと安静にしてステロイドなどの強い痛み止めを3日ほど使って見るのもいいとおもいます。
それでおさまる場合は安静を続けて薬を徐々に減らして行くことで落ち着いてくれることも多いです。
もしおさまらない場合は、診断をしっかりするためにCTやMRIをとってもらい、ひどいヘルニアや奇形の場合は手術が必要になるかもしれません。


他に血液検査で異常が出てこないものとして考えられることは腹部の痛み(脾腫や腎結石、膀胱結石など)もありますので、レントゲンだけではなく、エコー検査もしてもらうこともオススメします。
あまり積極的に検査をしてくれなさそうであればセカンドオピニオンを聞きに少し大きめの病院にいかれるのもいいとおもいます。

犬 についての関連する質問