JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

柴犬(メス)7歳です。 最近、立ち上がるときに、後ろ片足を上げてびっこを引くように歩くことが時々あります。すぐ何事

解決済みの質問:

柴犬(メス)7歳です。
最近、立ち上がるときに、後ろ片足を上げてびっこを引くように歩くことが時々あります。すぐ何事もなかったように普通に歩行するのですが、そのような状態は、大抵しきりに陰部を舐めた後に起こっているように思います。
見たところ、皮膚が赤くなっていたりすることはなく、触った感じも特に気になる感触(素人感覚ですが)はないのですが、何か病気なのでしょうか?
避妊手術はしていません。生理は8月にありました。混合ワクチン接種(5種)は毎年受けています(今年は10月に受けました)。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

年齢的にはそろそろ慢性の関節炎が出てくるころではあります。
加齢に伴う慢性関節炎では動き始め、立ち上がりのびっこやぎこちなさというのが症状として出てくることが多いので、慢性関節炎である可能性は高いと思います。

また、陰部をなめるというのはおそらく、股関節に違和感があるため、股 関節のあたりをなめるのではないかと思います。
もちろん避妊手術をしていない子の場合は、新旧蓄膿症や膣ポリープなどがあって、排膿していたり、違和感があって舐めるということもありますが、びっことの直接の関係は薄いです(全身状態が悪くなればびっこを引くことはありますが)。

慢性関節炎の場合は付き合っていくしかないですが、最近では比較的安価なサプリメントなどでかなり悪化を防ぐことができるようになってきています。
ひどくなると、サプリメントだけではどうしようもなくなったり、痛みが強くなり、どんどん足を使わなくなり筋肉が落ちてしまうので、緊急疾患ではないですが、時間のあるときに早めに診ておいて貰った方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問