JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

約20日ぐらい前に質問させていただきました。 回答頂いた結果セカンドオピニオンで現在の病院にかかって15日目です。

解決済みの質問:

約20日ぐらい前に質問させていただきました。
回答頂いた結果セカンドオピニオンで現在の病院にかかって15日目です。
12歳のオス犬です。前の病院では、ガンの肺移転の薬で腎不全になり毎日皮下点滴してましたが、がんの転移予防をすべてストップされたので不審に思い、現在の病院に替えました。そこでメラノーマが全身に転移してることが発覚し、腎不全点滴は昨日まで3回だけしただけです(数値から毎日必要ないとのこと)
ならばと思いガンの免疫療法のワクチンを作ってもらいそれを待ってるところ です。
それが約2週間前に注文したところです。
ですので、昨日まで皮下注射のルペオール、オンシオール、丸山ワクチンを週2回処方していただいてます。
でも、4日ほど前からほとんど食べなくなり人間のお菓子を20粒ほどだけ食べる毎日です。お水は飲みます。
おしっこも薄いけど出ます。それで、昨日連れて行き相談したところ、呼吸が早いからそのせいで食べないのだろうと、飲み薬のサリドマイドと心臓の薬(薬名不明)を飲ませて頂き、腎臓の皮下点滴と、オンシオールを処方していただき帰りました。でも、余計にぐったりし、下痢をし、本当にお水以外何も口にしません。
このような状態で、金曜日夕方のワクチン投与まで放っておいて大丈夫なんでしょうか?
昨日血液検査してくださいと言ったんですが、ワクチン投与の時でいいでしょうと・・・
ワンコ自体は呼吸は早いものの、しんどそうにはしてなく、ただ、眠ってます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

ご質問ありがとうございます。

マロンちゃんのために治療をこんなにいろいろされておられ心から感心致しました。

ぐったりの原因は正直私にもはっきり分かりませんが、可能性として腫瘍による悪液質などが原因で全身けだるいなどの可能性もあると思います。

飼い主様のおっしゃるとおり、ワクチンの投与前に血液検査を一度することをお勧めします。

ワクチンのときに血液検査をしてみて、やっぱり異常値がでてその結果ワクチンは延期などの結果になる可能性もあると思います。それだと困りますので体調が悪いのであればワクチン前に検査をして異常があれば改善する処置をして、ワクチンに備えるのがよろしいのではないでしょうか。金曜日は明日ですので、できれば本日検査をしていただき、明日ワクチン打っても大丈夫かどうか確認していただくことをお勧め致します。

その方が飼い主様も安心できるのではないでしょうか。4日前から具合が悪いとなると時間も結構たっておりますので一度診察されることをお勧め致します。点滴は腎臓以外にも消化管の動きをよくして食欲をだしたり、下痢のときに脱水が進まないように水和する効果もあります。また、ビタミンCやBの注射による補給もできますので、ぐったりしているのであればやはり検査や治療を積極的にされることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。そうします。


それと、愚問なんですが、本当に最後の時って、舌を出して喘ぐような呼吸なんですよね。


今の状態はただ目をつむって寝てるだけなんですが、呼吸が早く


このままスーっと心臓が止まってしまうんじゃないかとすごく心配です。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

ご返事ありがとうございます。

舌を出して喘ぐような場合もございますが、なんの前触れもなくおなくなりになることもあります。

確かに腫瘍の患者さんの最後のときは眠るように亡くなるときもあります。

がんばってがんばっての最後ですので最後は眠るようになくなることがあります。

したがって、注意して見ておかれることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

一般的にメラノーマは進行の早い腫瘍です。

マロンちゃんはここまでがんばれているのは飼い主様の看護のおかげであり奇跡的ともいえます。

まだまだ一緒に過ごしたいお気持ちもあるかとおもいますが1日1日が大切な状態であると言えると思います。決してあきらめる必要はございませんが容態が急変する場合も考えられますのでなるべく目を離さないようにしてあげてくださいますようお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご返答ありがとうございます、あれからすぐに病院行って血液検査してもらいました。


やはり、腎臓の数値BUNが134.7 クレアチンが5.2 まで上がってました。


静脈点滴や抗生物質、ビタミン液等処方して頂きました。


 


本当に回答頂きよかったです。もちろん先様の病院にはこのような質問,回答のことは一切言ってませんので。


 


それと、聞いいたんです。「明日のワクチンは無理ですよね?」って


でも、先生は「免疫をあげるワクチンなので問題ないと思います」って


腎臓の点滴は今後週2回ほどしますと。


本当に大丈夫なものなんでしょうか?


 


 


 


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

こちらからのご返事が遅れまして申し訳ございません。

しかしやはり飼い主様の思われるとおり検査して正解でしたですね。

ワクチンについては正直大丈夫かどうか分かりませんが体調がいいときに打つ方が効果は高いと思います。しかし、打つ打たないはそのワクチンのことをよくご存じの先生がお決めになることですので最終的にはその先生を信じてお任せするよりほかないと思います。

メラノーマの特異的治療ではございませんが、最近オゾン療法というのが腎臓病の場合に

有効と聞いております。オゾン発生装置で生じたオゾンと血液を混ぜてその血液をまた体内に戻すという治療です。まだそこまでされている病院は少ないと思いますが、探してみていただいてもよろしいかと思います。オゾン療法にはオゾンを肛門から注入する注腸法というのもありますが、これはあまり効果がないとされています。オゾン療法をしているだけでなく、血液とオゾンを混ぜる治療をしている病院をよろしければ探してみてください。

飼い主様とマロンちゃんまだまだ頑張ってください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございました。是非探してみます。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

オゾン療法自体まだ新しい治療法であり、さらに人と同じ血液と混ぜる治療を厳密にしている病院はまだ数が少ないと思いますがさがしてみてください。

腎臓病の治療には効果をあげています。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問