JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

糖尿病の犬です。昨夜の19時頃に痙攣をおこし、食事をさせていつもの様にインシュリンを3メモリうつと症状はおさまりまし

解決済みの質問:

糖尿病の犬です。昨夜の19時頃に痙攣をおこし、食事をさせていつもの様にインシュリンを3メモリうつと症状はおさまりました。そして今も痙攣をおこし主治i医からもらってある痙攣どめの坐薬をいれると、痙攣はおさまりましたが、血糖値の判断がつかず、対応にこまっています。部屋をウロウロと歩き回るばかりです。今度痙攣をおこしたばあいには、坐薬を使用してもさしすかえないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

痙攣の原因は血糖値に関係のある場合とない場合がありますが、血糖値に関係あるとすれば低血糖に なります。
もし痙攣が起こる前に震えや元気がないなどの症状が起きているのであれば低血糖性の発作になります。
そう言った前兆や痙攣が起きた場合には少しシロップなどをなめさせて見て下さい。
それで改善するのであれば、低血糖性の発作出会ったことが確認できます。

年齢的にはそれ以外の原因の発作も考えられ、その場合はシロップなどを飲ませても意味がありません。
座薬による抗痙攣薬は1.2時間しか効果がないので再度使っても問題ないでしょう。
ただし、どちらにしても明日の朝一で(できれば空腹の状態で)血糖値を測ってもらうといいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問