JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8歳の雑種(ラブラドール系?)ですが1年程前から右前足の肘関節下外側が膨らみはじめ、獣医さんにその部分の採血検査をし

解決済みの質問:

8歳の雑種(ラブラドール系?)ですが1年程前から右前足の肘関節下外側が膨らみはじめ、獣医さんにその部分の採血検査をしてもらいましたが病名がはっきりせず、抗炎症剤を
投与して来ましたが2週ほど前から膨らみが大きくなってきました(10×5cm)
強くさわっても痛がらないし、元気に散歩していますがパンパンに張ってきていますので
手術をするか迷っています。出来れば薬でなおしてやりたいのですが、対処方をお教え下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

膨らんだ部分には血のようなものがたまっていて、それを抜いて検査したということでよろしいでしょうか?
また、それは病理検査(検査センターに出すもの)で検査されましたか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

検体を採取して院内で検査しましたが、犬が暴れて本格的な検体が採取できず、はっきりしませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

足などに液体がたまって袋状になるものは炎症性 のものがほとんどですが、まずはその液体を検査することがそのものが何なのかを調べるための最初のステップになります。
もし液体を採取できたのであればそれを検査センターに送ることである程度分かることが多いです(確定診断がつかないことが多いのも事実です)。

炎症性の場合、手術でたまらないようにする以外であれば抗炎症剤の投与になりますが、抗炎症剤も種類があり、現在投与されているのはおそらく非ステロイド性抗炎症薬ではないかと思います。
これは副作用も少なく、長期投与にも向いているのでおそらくそれを使っているものと思えます。

ただし、それを使っていってもよくならない場合はステロイドやシクロスポリンのような免疫抑制剤(一般的な抗炎症薬より作用が強いもの)によって治まってくれる可能性はあります。
一度それらの使用に関して相談されたほうがいいでしょう。
ただし、それで100%治まるわけではないので、場合によっては手術をしないと治らないこともあります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました、2年近く子犬から2年近く野良をしていた犬なので、極端に体に触られるのを嫌い、ふだんはおとなしいのですが、防虫剤の滴与さえ、噛み付いてくる有様で困っています。
獣医さんを見ただけで身構えるので、薬だけ頂いて投与していましたがやはり


再度検診につれていきます。

犬 についての関連する質問