JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

夜分に申し訳ありません。 犬【コーギー10歳オス】のことで質問をお願い致します。 1ヶ月前に後ろ左足の関節あ

解決済みの質問:

夜分に申し訳ありません。
犬【コーギー10歳オス】のことで質問をお願い致します。

1ヶ月前に後ろ左足の関節あたりにしこりのようなものを発見しました。
しこりは1cm前後の大きさで出っぱっており、根っこがあるようなかなりかたいものです。

すぐに病院に連れて行き細胞診をしましたがやはりはっきりしたことはわからず、ただいくつか取れた細胞の中の1つだけが少し悪いものとの説明でした。
病理検査をするにあたって腫瘍部分の摘出施術も考えておりますが、現在経過をみているところです。

ただ、最近嘔吐(胃酸?)することが多くガスターを服用しながら、とりあえず嘔吐をおさえ る治療を行っています。
もともと小さいころから嘔吐することが多く、嘔吐する時間帯は朝方が多いので、空腹のためでしょう・・・という診断でしたが、よく考えると嘔吐する回数が増えたのは(多いときで1週間で3~4回嘔吐しますが、時間帯は以前と変わらず朝方が多いです。)1ヶ月ほど前からのように思い、もしかして脚の腫瘍と関係しているのではないか?と不安です。

・病理検査をしないとはっきりした病名はわからないと思いますが、上記の内容で思い当たる病名、または進行度合いがわかりますでしょうか?

・細胞診の次に簡単に受けられてもう少し状況がわかる診察はないのでしょうか?
今の病院では摘出手術をして病理検査しかないといわれています。
しかし、今は嘔吐の治療が先と言われ、腫瘍の大きさは1ヶ月前と変わらないので摘出手術はまだ急がなくてもいいとのことでしたが、これが後々手遅れになるのではないかと心配です。

尚、2年前に眼球に黒色腫ができ、右目を摘出しております。
病理検査の結果悪性ではありましたが、悪性度合いは比較的弱く、1年前の検診でも転移はないとのことでした。

分かりにくい説明で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうござ います。

まず、足にできる腫瘍で嘔吐を起こすことがあるとすれば嘔吐を引き起こす物質を出す腫瘍になります。
足にできるものでそういったものには肥満細胞腫といわれるものがあり、これは腫瘍細胞がヒスタミンを出すのでそれにより嘔吐を引き起こします。
肥満細胞腫はほとんどの場合簡単に細胞診で診断できますが、一部のものでは特徴的な顆粒がなく、細胞診が、難しこともあります。
ですので、可能性としてはこの腫瘍であるか、悪性腫瘍がすでに肝臓や消化管転移(消化管への転移はまれです)があって、それが影響しているか、まったく関係なしに嘔吐がでているかということになります。


それから検査に関しては、細胞診の次にはパンチ生検と言われるものがあります。
これは針よりも太い筒状のもので腫瘍を一部切り取り、それを検査に出すものです。
これをやればほぼすべてのものはどのような腫瘍かわかりますが、デメリットとして、鎮静や麻酔が必要なこと、治療にはならないので、結局再度手術をする必要が多いということです。
ですので、麻酔をかけて外科摘出可能な腫瘍にその検査をするメリットは低く、通常は摘出困難な場所にある場合、大きすぎて完全に取りきれない可能性が高い時、長時間の麻酔に耐えられない時に使うことが多いです。

ただ、手術の前に確かめたいという場合はパンチ生検をやってもいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々に返信頂きありがとうございました。
すぐに評価をさせて頂きたかったのですが、評価の欄でクリックしても何の反応もなく、ジャストアンサーさんにメールでその事を質問したのですが返事がなく評価できずにいました。(このサイトは初めてなので私の操作が悪かったのかもしれませんが・・・)このメールでやっと評価欄が反応してくれたので大変遅くなり申し訳ありませんでした。

先日、決心して 手術をしました。
病理検査の結果もでまして、良性の線維腫との事で本当に安心しました。
以前悪性の黒色腫で右目を摘出しているだけに、今回は手遅れのないように・・・との思いで決断しました。
先生にご回答頂き、肥満細胞腫についても色々と調べてみました。今回はそれではなくホッとしておりますが、今後の参考になりました。

分かりやすく、的確なアドバイスを本当にありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
評価ありがとうございます。

それは良かったですね!

それであれば安心かと思います。
また何かあればご相談ください。

今回はありがとうございました。

犬 についての関連する質問