JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

2頭飼いしています。 ミニチュアピンシャー♂1才2ヶ月、去勢なし 約5.5kg イタリアングレーハウンド♂8ヶ月

質問者の質問

2頭飼いしています。
ミニチュアピンシャー♂1才2ヶ月、去勢なし 約5.5kg
イタリアングレーハウンド♂8ヶ月 去勢なし 約8kg

つい先日まではイタリアングレーハウンド(以降弟と記載させて頂きます)が成長遅いかなと思うくらいみるからに赤ちゃんらしい振る舞いだったため、ミニチュアピンシャー(以降兄と記載させて頂きます)がいいお兄ちゃんという関係性でしたが、
2週間前あたりから弟が急激にオスらしくなりはじめ、先週ついにマーキングを始めました。
これまですごく私たち飼 い主に従順でいい子だった兄の様子がおかしくなりはじめ、
昨日、今日は待て、お座り、お手、ハウスを全くしなくなり、弟のちんちんをずっと舐めたり、これまで私たちを気にしてくれることの方が多かったのですが、今では弟への執着心が強くなってしまい、四六時中弟を気にして様子がおかしくなってしまっています。
これまで弟よりも先に食べてたごはんもあまり食べなくなり、元気があまりないように感じられます。
マーキングも体格差から弟の方が高いですし、
兄と弟の序列が入れ替わったことで兄の元気がなくなっているのでしょうか?

何か対処法などあれば教えて頂けますか?
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

兄の銀次郎ちゃんと弟との年齢差があまりない上に、イタグレの弟の方が体格もそろそろ上回ってきたので、序列が微妙になっていると思います。

順位は自然についてしまう面もございますが、飼い主様が兄の銀次郎ちゃんを今後も立てていく方針であれば、ご家族の同意のもとに一貫して日ごろの生活で常に兄を立てて弟を後回しにするということを徹底する必要があります。

食事は基本ですが散歩の際も胴輪や首輪を最初に兄につける、兄をまず外に先に出すとか兄の行きたい方に行かせる、散歩が終了したら先に兄の胴輪を外す。名前を呼ぶときも兄が必ず最初にし、なでるのも兄が最初、その間は弟が構ってほしそうにしても意識して構わないようにすることです。

おやつも兄優先にする。などです。

 

重要なのはご家族全員でしっかり統一した対応をとることです。

 

弟については差支えなければ去勢手術していただくことをお勧めいたします。


弟のマーキングについては生理的行動なので、これを無理に止めさせると弟のストレスが溜まり精神衛生上よくありませんので、やはり去勢手術で自然とマーキング行動が起きないようにすることをお勧め致します。

 

おしおきなどすることは必要ないですが、犬が二人きりになるときには弟だけサークルの中に入れて兄は自由に歩き回れる状態にして引き離しておくことなど、順位が安定するまでの間犬同士だけの時間を管理していくこともお勧め致します。

症状からすると兄のほうが不安になっていることは間違いないですが、人のほうが動揺してその気配を感じ取っている可能性もありますので、飼い主様も落ち着いて兄の銀次郎ちゃんを優先する行動をとるようにしてください。

そうすれば、おのずと順位が定まってきます。

 

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧な回答ありがとうございます。


 


私たちはもしかしたら人間のものさしで犬をみているのかもしれず、ミニピンとイタグレの二匹のストレスを軽減させるにはどちらがいいのか正直わかりませんのでもう一点先生に質問させていただきます。


 


私たちはミニピンのほうが生まれも早く、先に飼い始めたため、お兄ちゃんとしてできる限り優先的にさせてあげ、育ててきましたが、


犬の世界では先に生まれたとか関係なく、強いほうが上にたつのをそのまま見守り、イタグレが勝負で勝っていたとしても特に兄を庇わず自然のままに育てるほうが二匹にとってストレスなく過ごさせてあげられるのでしょうか。


 


それとも兄を庇ってあげた方がよいのでしょうか。


 


本日帰宅してからの状況としては、そこまで争いに乗り気ではない様子のイタグレは本気を出しておらず5割程度の力で戦い、たまに怒って8割くらいの力を出したときにミニピンの方は降参ポーズをとります。


それでも覇権争いに勝ちたいミニピンが勝負を挑んでいるといった状況です。


 


強い弟イタグレを去勢すべきでしょうか。


それとも、征服したい兄ミニピンを去勢すべきでしょうか。


 


どちらを上に育てたいかという飼い主の気持ち次第というところかもしれませんが、先週までのような平和な兄弟関係に戻すにはどちらがいいのかわからないため、ご回答いただけますと幸いです。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

ご返事ありがとうございます。

2匹は年齢も近く体格はミニピンよりもイタグレのほうが大きいです。したがって、犬同士だけですとイタグレが優位になる可能性が高いです。ただし犬種としての気性はミニピンは気が強いのに対してイタグレは優しく穏やかです。今回の場合も銀次郎ちゃんは頑張っているように見受けられます。

単なる序列の問題かご家族のいるときだけその存在を利用して優位に立とうとしているのかも確認しておくことが必要です。犬2匹だけで留守番しているときの様子を動画で撮影しておき、そのときも同じように争いがおきるのかあるいは2匹だけのときには争いが起きないのか確認することをお勧めいたします。

もし、2匹だけの時には争いが起きない場合にはご家族がそばにいるために、その存在を利用して優位に立ち回ろうとしている可能性があります。その場合には争いが起きたらその場からご家族がいなくなるということを繰り返していけば争いが起きなくなります。

2匹だけのときにも争いをしている場合にはほんとに序列に関する争いということになります。

その場合は速やかに順位を確定させるためにも飼い主様の介入をお勧めいたします。

大事なことはご家族でどっちを1番にするか決めていただき、一旦決めたらルールに従って一貫した対応をとることです。食事、散歩、挨拶、などすべて1番の犬を優先してください。

また、最低でも2番の犬は去勢することをお勧めします。両方されてもよろしいです。

一旦定まった順位は固定されたものではなく、そのときどきの犬の身体的コンディションに左右されますので、一番の犬が病気になったりした場合には2番の犬が優位に立とうとすることも今後あると思います。その都度飼い主様が態度を変えていてはよくないので、一旦一番にした犬はよほどのことがないかぎり常に優先させるようにしてあげてください。そうすれば今後も混乱を最小限にしていくことができると思います。

今まで銀次郎ちゃんを優先させてきたこと、ミニピンは気が強いこと、銀次郎ちゃんも頑張っていることを考えるとやはり銀次郎ちゃんを一番にしてあげることがよろしいのではないでしょうか。

ご参考になればと思います。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問