JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

生後5ヶ月半のポメラニアン(メス・2.7キロ)を飼っています。1ヶ月程前から膝蓋骨脱臼でたまに足をケンケンしていまし

解決済みの質問:

生後5ヶ月半のポメラニアン(メス・2.7キロ)を飼っています。1ヶ月程前から膝蓋骨脱臼でたまに足をケンケンしていました。かかりつけの医師からは手術が必要レベルだけど、2歳くらいまで成長するからそれまで待ちましょうと言われました。ただ、最近毎日ケンケンをするので、私としては一日でも早く何とかしてあげたいと思っています。また不妊手術も医師からは受けたほうがいいと言われており、どちらを先にするべきかも迷っています。教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

避妊は発情する前に行うと将来に乳腺腫瘍になる確率が99%無いと言われています 。
また将来的に子宮蓄膿症などの病気になりません。

一方で膝蓋骨脱臼は激しい痛みなどが無い場合には小型犬ではそのままにしておく事も
多く、死に関わる病気ではありません。
またもう少し体が出来あがってから、手術が必要か検討する余地があります。

そういう意味では死に関わる病気に成り得る避妊が先と通常は判断します。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問