JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

実家の犬、ダルメシャン、12歳が乳がんで、掛つけの動物病院では、寿命が13歳なので手術が耐えられるか、自宅で毎日包帯

解決済みの質問:

実家の犬、ダルメシャン、12歳が乳がんで、掛つけの動物病院では、寿命が13歳なので手術が耐えられるか、自宅で毎日包帯を取り替えが出来るか?
手術をしないで、自宅で残された時間を過ごすか?
実家の母がとても可愛がっている犬で、75歳の母は毎日包帯を取り替えたりすることはおとなしい犬でないので無理、
そうかといって何もしてあげないでこのまま悪くなっていくのはあまり。

入院設備のある病院を探してます。大きなしこりが2個あるとの事です。
助ける方法はありませんか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに悩まれる年齢ではありますね。
寿命が13歳というのは単に平均すると13歳くらいで亡くなる子が多いというだけですので、ドルメシアンの子でも15歳を超えて元気でいる子もいますので、13歳というもの自体にはこだわる必要はないと思います。

ただし、その年齢の子の場合、手術のために全身麻酔をかけることのリスクというのは大きくなります。
特に腎不全や心不全を持っている子は多く、また肝機 能の低下のある子もいますので、何かしら内臓に疾患がある場合は麻酔自体で命を落としてしまう可能性もありますし、麻酔後に一気に弱ってしまうこともあります。

ですので、年齢以外にもそういったリスクを考えて手術をするのかどうかを判断する必要があります。
またワンちゃんの乳腺腫瘍は悪性良性が約5割ずつといわれていますが、悪性だった場合にはすでに転移をしている可能性もあり、その場合には手術をしてもしばらくして調子を崩してしまうため、手術をしない方がいいことも多いです。

ですので総合的なメリット(完治の可能性)とデメリット(麻酔や手術のリスク)を病院の先生とお話しして、難しいですが、最終的には飼い主さんが決めてもらうしかないと思います。

大型犬の子でも入院施設があるところは少なくないので、もしそれが一番のネックになっている場合は獣医さんが何人もいるような大きめの動物病院に電話で問い合わせて診てもらっていいと思います。
僕が診てきたいくつかの病院では大型犬の子でも飼い主さんの事情があれば完治まで預かっているところがほとんどでした。
しこりの大きさにもよりますが、抜糸までには10日から20日程度かかります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
他に聞きたいことはありますか?

犬 についての関連する質問