JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳のミニチュアダックスですが、一ヶ月ほど前に乳腺腫瘍の切除と、避妊手術をしました。 検査の結果は、3つ腫瘍の切除

質問者の質問

8歳のミニチュアダックスですが、一ヶ月ほど前に乳腺腫瘍の切除と、避妊手術をしました。
検査の結果は、3つ腫瘍の切除をしたうち、2つが良性、1つが悪性腫瘍でした(これに関しては、全て取り除いたとレポートにあります。)

手術後、獣医の先生から、ひとつ取り残しがある(私の家族には、メスを入れる範囲が広くならないように、あえて取らなかったと言ったのですが、自分が後日別件でその動物病院に行ったときは、気づかず取り残してしまったと言われました。)
とりあえず、術後間も ないことから、しばらく様子を見て飼い主のほうで気になるようなら、また手術を考えてと言われました。しかし、手術をした本来の理由は、良性の腫瘍でも悪性に変わることがあるということと、万が一悪性の場合は、転移などを未然に防ぐためだったはずなのに、取り忘れたという理由で、しばらく様子を見るというとりあえずの処置に意味があるのでしょうか。

手術を受けた動物病院ではやっていませんでしたが、レントゲンによって、まだはっきりとは現れていない腫瘍を発見することは可能でしょうか。
また、その腫瘍の部分がわずかですが、数週間前より大きくなっているのですが、手術をせずに、良性か
悪性かを検査することは可能でしょうか。

長くなり、申し訳ありません。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

乳腺腫瘍が複数あるときにはその部分だけ切り取っても再発する場合があるので、基本的には腫瘍がある側の乳腺を上から下まで全部摘出する全摘をします。なぜかというと乳腺はそれぞれ独立しているようでいて実はリンパなどでつながっているからです。

今回腫瘍を取り残したということはその部分だけを切り取ったということでしょうか。

できればもう前回の手術の傷は治っていると思いますので、再手術して残りの腫瘍を取ってあげてください。先生もほんとは取り残したことを後悔して再手術をしたいと思っているはずです。再手術なので安するなどできないか交渉もできるのではないでしょうか。

レントゲン検査で腫瘍をを確認することは、胸部であれば5mm以上に腫瘍がならないとわからないですし、転移していれば手遅れということです。レントゲン検査で腫瘍細胞を見つけるのは実質無理です。

手術せずに細胞診といって細い針をさして細胞を抜き取り細胞の性質を調べる検査がありますが、残念ながら乳腺腫瘍の場合には腫瘍の診断はできますが良性か悪性かまではわかりません。従って手術して切除してしまうことが一番の治療になります。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

追加です。

しばらく様子をみるということは、なにも問題解決になりません。

状況を悪くするだけです。時間が経てば腫瘍が大きくなり切除もそれだけ大変になります。

獣医師としては本来取り残しについて申し訳ない気持ちを伝えて、わんちゃんの体調が整えばすぐに再手術をさせてもらいます、という態度があってもいいのではないかと思います。

 

再手術の問題については、体調が整えばその時点で即手術をしてその切除物も病理検査に出すということをしていただくようお願い致します。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
詳細なご回答ありがとうございます。
手術を受けた動物病院は、こちらの地域では唯一の動物病院で(1時間ほどのドライブで別の動物病院もあり ますが。。)これまで色んな問題がある度に(アレルギーや腰痛など)お世話になっていました。

しかし、今回の取り残しの件で、申し訳ない気持ちは全く伝わってきませんでした。むしろ、こちらが言葉を発する猶予を与えず、「こちらからはもう何も言えませんので、後はそちらで決めてください。」と言われました。しかも手術前は「私の経験から、良性ですよ」と言って、術後「あ、あれ悪性も混じってました。」とさらっと言われました。
取り残しの件は、同意書にサインした以上、何も言えないですよね?

飼い主も、今日ではインターネットなどで色んな情報を得られるので、意見を言ったりすることは、当然だと思うのですが、それは医師
の自尊心を傷つけるのでしょうか。。(先日、自分の質問によって、うちの愛犬が無言の八つ当たりを受けてしまったので)

愚痴ってしまい申し訳ありません。別の
動物病院で診察、治療することを考えたいと思います。(このような形で引き継ぐのは、獣医さん的にはいかがなものなのでしょうか)
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

回答が遅れまして申し訳ございません。

同意書に書かれている内容が分かりませんのでなんとも言えないところがありますが、 例えば裁判の際に同意書は獣医師を守るには役にたちません。形式的なものです。

同意書は別にして、獣医さんの態度がそれではいけません。人がすることですのでミスをしないように気をすつけていてもミスするときがあります。そのときに本来は獣医師としては謝罪して治療方針をご相談する態度が要求されるところです。

獣医師の側からすればブログなどで診察や病院のことをかかれると、正直一瞬身構えちゃうところはありますが、自分にできる精一杯の診察を誠実にしていればそれ以上のものはないです。

獣医師を選ぶ権利は患者さんにありますので、転院は問題ないですし実際にこのようなトラブルで転院される方もおられます。転院先での注意点としては前の病院のことをあまりとやかく言わないことです。いろいろおっしゃりたい気持ちはよくわかりますが、転院先の獣医師も自分もミスしたら同じように言われるのかなと身構えたり怖気ずいたりする原因になり、それは飼い主様にとっては損になります。

あとは検査結果や今現在飲んでいる薬や病歴など別の獣医師が分かりやすいようにまとめた書類を作っていただき持って行っていただくと獣医師としてはありがたいです。

もし避妊手術をまだされていないのであれば、次回の手術の時に避妊手術を一緒にさせることをお勧め致します。そうすれば卵巣の腫瘍や子宮蓄膿症など生殖器のトラブルの可能性がなくなりますし、麻酔をもう一度かける意味も出てきます。

無事乳腺腫瘍がとれて、飼い主様のこころのつかえもとれることを祈っております。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご丁寧かつ親身になってご回答いただきありがとうございます。
また、質問が発生した際は、よろしくお願いします。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願い致します。

わんちゃん、お大事にしてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願い致します。

ワンちゃん、お大事にしてください。

回答と同じ内容を記入いたしました。回答は開いていただくなくて結構です。

すいません。次回からこのような内容は情報リクエストにて記入するように致します。

犬 についての関連する質問