JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。アドバイスを頂きたいと思いまして質問させていただきました。トイプードル5歳メスです。 9月の末頃、触

解決済みの質問:

はじめまし て。アドバイスを頂きたいと思いまして質問させていただきました。トイプードル5歳メスです。
9月の末頃、触ったりすると痛がり、2,3日後には、のた打ち回るほど痛がったので、診察を受け、レントゲンを撮ったところ、背骨の骨と骨の間がつぶれてしまっていると言われました。その病院では手術などができないとのことでしたので、椎間板ヘルニアなどに定評のある病院を探して、再度診ていただきました。するとそちらの先生には、感染症と診断され、抗生物質での治療をすすめられました。後ろ足の麻痺などはありません。
最初の病院でオレンジ色の錠剤抗生物質と薄オレンジ色の鎮痛剤をいただいていたので、まずそれを飲んでいました。(10日間)2件目病院では、黄緑色の小さい錠剤抗生物質と薄オレンジ色の鎮痛剤を出していただき、最初の薬を飲み終えてから、切り替えました。ところが、一旦は痛みもおさまったようにみえていたのですが、薬を切り替えてから1週間ほど経って、また痛みがひどくなり、再度診察を受け、結局は、抗生物質をオレンジ色の錠剤に、鎮痛剤を薄茶色の錠剤に変えました。変えてから、3日ほど経ちましたが、まだ時々ひどく痛がりますし、痛むからかあまり動きません。
知り合いにすすめられて、グルコサミン&コンドロイチンのサプリメントも飲ませていますが、それがかえって薬の効き目を悪くしているということもあるでしょうか?
このまま様子をみていても大丈夫でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もし椎間板ヘルニアの場合、お薬で痛みが取れない場合は手術が必要に なります。
おそらく感染症と診断されたのは椎間板脊椎炎というものの可能性を考えて言われたのだと思います。
その場合、再度レントゲンを撮ってみると良化しているか悪化しているかのどちらかだと思うので、もう一度レントゲンを撮ってもらうといいでしょう。
その結果変化がない場合は椎間板ヘルニアの可能性が高いです。
椎間板椎体炎というのはあまり多い病気ではないですし、僕は個人的には椎間板ヘルニアの可能性も強いと思います。

レントゲンでの確定診断はできませんので、椎間板ヘルニアが疑われる場合にはCTやMRIが必要になります。
そして椎間板ヘルニアが診断された場合には手術をしないと痛みが取れないこともあります。
ですので、まずは再度レントゲンを撮ってもらい、あまり変わらない場合はCTやMRIをとってもらった方がいいでしょう。

それからグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントで悪くすることはありません。
ですので、それが原因ではなく、薬の効きが悪くなってきているか、薬では十分ではない虫度以上の椎間板ヘルニアがあるかのどちらかになります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問