JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

トイプードル5ヶ月です。10日前脚立から落ちて左大腿骨の上から3分の2位の位置を骨折しました。手術すれば15万円かか

質問者の質問

トイプードル5ヶ月です。10日前脚立から落ちて左大腿骨の上から3分の2位の位置を骨折しました。手術すれば15万円かかると言われましたが、金銭的に無理だったので医者の指導 で小さなバスケットの中に入れて薬投与しています。最初から余りいたがらず、バスケットの中でじっとしているのでこのまま仮骨形成をまっているところです。ペットを飼っているからと入ってふんだんに犬にお金をかけられないのですが、ネット上ではすべて手術などしているようです。はたして直るのか不安ではありますが、背に腹は代えられないというジレンマ状態です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

マロンちゃんは5か月ということですね。

外固定位はされているのでしょうか。骨折の治癒には動かさないことが大切です。

他には骨折の仕方にもよると思いますが、スパっときれいに折れていたとしてもじっさいには動いているとなかなか仮骨が形成されず、いつまでもくっ付きません。場合によっては偽関節といって骨折部位の骨同士がくっつかずにそこに関節のようなものができる可能性もあります。

骨折の場所的にはどうしても動いてしまう場所のように思いますがどうでしょうか。外固定の場合くっつくとしても相当時間がかかることが予想されます。恐らく数か月は最低でもかかると思います。

獣医師としては何とか手術をお勧めしたいのですが、分割だとかでのお支払いも難しいのでしょうか。

今すぐに手術が難しい場合、一か月くらい今の治療方針でやってみてダメそうであれば獣医さんに頼み込んで分割払いで手術していただくというようにしていただくほうが結局は費用が安くなるかもしれません。

しかし、犬は3本足でも最低生きていけますので、骨折した足が将来的に不自由になってもしょうがないとのお覚悟であれば、現在の治療方針で最終的にどうにかなると思います。ただし、治るのには時間がかかります。

私のお勧めは頼み込んで分割払いにしてもらっての手術ですが、最終的には飼い主様が後悔されないような選択をされることが一番だと思います。

私もマロンちゃんの足が無事治りますことを心から念じております。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。10月10日早朝骨折したようで、おかしいんじゃないかと思ってネットで調べてから犬用抗生物質のダクー100mgを1/4ロキソニン1/4(これは人間用です)を投与しました。そして、恥ずかしながら13日に妻 が近くの動物病院に連れて行って骨折がわかった次第。妻が「これは手術がする必要があるのですか?」と尋ねたら、そのとき獣医さんは「それは手術しないよりした方が良いでしょうね。手術すれば1週間くらいの入院が必要だが、手術するかどうかはご主人と相談して決めてください。」とのことで、「巻いたり固定したりしなくて良いのですか?と尋ねたら「それは必要ないです」と回答されたそうです。結局その程度ならと最初書きましたように狭いバスケットの中に入れて今は病院処方の薬を一日2回、バスケットから出すのは朝夕の食事とトイレタイムで5,6回くらいでしょうか。だだをこねません。はしゃぎますが泣きません。バスケットに入れるときは、外にいたのでしょうか、少しいやがりますがすぐ入ります。入れたらしっこの時以外は要求しません。「固定しなくても良い」と言われたことから「マロンが痛がらないのでこのままで行こう」という方針を採りました。「手術しないのなら今月いっぱいは投薬を続けた方が良いでしょう」との事だったので昨日は追加の薬をもらいました。最初「関節ではなかったので良かった」とも言われたようです。この獣医さんは評判は悪くなく、以前15年くらい前牝の猟犬を飼っていた時に避妊手術をしてもらったことがありましたのでそこで診察してもらったと言うことです。ペット保険に入っていれば良かったのですが。

専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かに部位的には固定はしませんが、それは動いてしまい結局固定が外れるからです。

従って正確には固定の必要がないというより、固定できないということだと思います。手術を前提としての場合には固定しないで安静にしていてもらい、その後に手術をするということになります。

ただ骨折の治癒にはどうしても動かさないということが重要ですので、今回全く固定なしですとやはり、偽関節(骨折した骨同士がくっつかずに関節みたいな状態で治癒する。)ができるとか、治癒するにしても相当時間がかかる、または曲がってくっつくなどして足が不自由になるなどのリスクが高いと考えられます。

骨の折れ方にもよりますが、本来は手術を第一選択にしない獣医師はいないと思います。

獣医さんならば、ほんとは心の中で手術をしてあげたいと思っているに違いありません。

しかし、とりあえず手術をしないとの方針であれば、できれば、週一回のペースで獣医さんに骨折部位の確認をしていただいて、一か月たった時点でぜんぜんくっつく気配がない場合は速やかに治療方針を変更して手術していただいくのがよろしいかと思います。

小型犬はきゃしゃですので、すぐに骨が折れます。今後も注意して扱ってあげてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

追加です。

その獣医さんに手術しなくてもくっつくだろうと言われて安心されたのであれば、ちょっと説明不足の気がしますので、別の病院での診察をもう一度受けていただくことをお勧めします。

手術の費用がなかなか捻出できないのでしかたなしの安静による経過観察ということであれば、それは確かに生活が成り立つことが最優先ですのでしょうがないと思います。

また、大腿骨を骨折していて痛くないということはあり得ないと思いますので、痛くないなら手術でなく安静での治療をするというのもお勧めできません。もちろん、手術しても痛いのは痛いですが骨折が速く治りますのでマロンちゃんの苦痛が少しでも軽減されます。また、手術して固定してしまえばそれ以上動きませんが、固定させていないとブラブラ動きますのでその都度痛みを感じると思います。犬ですので、どこまでじっとしていられるか不透明なところもございますので、治療方針の変更は臨機応変にしてあげてください。

飼い主様のご心痛お察しいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 よくわかりまし た。ご指導の方針に沿うのがベストと思います。固定しない場合の安静の程度について教えてください。割と狭いバスケットの中でじっとしていますがいくらおとなしくても固定していないので骨折部位の若干の動きはあるとおもいます。完全に固定しないということ、それが良くないと言うことですか?バスケットの中ではほとんど寝そべったままです。泣いたりうなったりした方がよくわかるのですが。出すとお座りします。暴れることはありませんが。見ていただいた病院では「我慢強い犬だね」とは言われたようです。本日は日曜日です。明日もう一度診察してもらったほうが良いのなら連れて行きます。素人ですので病院に任せた方が良いことはわかります。
また、手術したら1週間入院したら4本足歩行ができてケージの中での動き回れるということですか。手術は固定ピンを抜くなど2,3回するのが普通ですか?先生の追伸を見る前に再質問で書いていた文が追伸画面が出たとたん、消えてしまいましたので再質問をさせていただきました。

専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ご返事が遅れまして申し訳ございません。

完全に固定しない場合、骨が次第にずれることもあるでしょうし骨折端が不安定です。

確かに手術しない場合、どうしても骨折端が不安定な状態ですからその箇所が動きます。そうなるといつまでも仮骨が形成されないので骨折がなおりません。しかし、大腿部の固定は難しいですのでやったとしてもテーピングで保護する程度ですが、結局は動いてずれてしまいます。

マロンちゃんがいくらおとなしいといっても足を全く動かさない訳にはいきませんから、このまままですと順調に治癒するのは難しいかもしれません。

しかし、骨折してから10日以上経っておりますので、明日診察していただいてまずレントゲン検査をされることをお勧めいたします。その結果どうするかを先生とご相談されるのがよろしいのではかいでしょうか。

手術となると、どんな手術かということですが、レントゲンを見ておりませんので正確なことは言えませんが、一般的には2つの方法が考えられます。

一つ目はプレートを入れる方法です。折れた骨同士を繋げて、その脇にプレートを骨に沿わせて貼り付けネジで骨に固定する方法です。骨折端がぽきっときれい折れていてプレートを添わせる長さがあればできます。

もう一つは長いピンを大腿骨の骨髄に入れて骨折端を繋いで折れた部分を針金で縛り、また骨にピンを数本打ち込んで足の外側からピン同士が動かないようにパテで固定する方法です。

いずれの場合も安静は必要ですが、術後すぐに歩くことは可能になります。プレートは骨折が治ればはずすこともありますし、そのまま入れっぱなしの場合もあります。

ピンで固定した場合は骨折が治れば、髄内ピンを抜いて骨に打ち込んだピンも外します。

骨折は一週間の入院では治りませんが、骨折端をしっかり固定しさえすればある程度運動してもずれませんので、動き回れるということです。完全な治癒には2か月くらいはかかると思います。その間、獣医さんの指示にしたがって、週一回とか2週に一回のペースで通院してレントゲンを撮るなどして仮骨の出来具合をみていきます。

最後に、骨折の手術は上手な先生にしていただくことをぜひお勧めいたします。今の先生があまり乗り気でないようなら、場合によっては自身がないのかもしれませんのでその時は他の病院で手術されることをお勧め致します。

犬 についての関連する質問