JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

14歳のミニチュアダックスのオス犬です 片側の睾丸がパンパンにはれているのに最近気つきました。 さわっても、

質問者の質問

14歳のミニチュアダックスのオス犬です

片側の睾丸がパンパンにはれているのに最近気つきました。
さわっても、嫌がりますが、特に痛がることもなく 食欲もあります

睾丸炎、腫瘍かと思いますが、治療方法は どうしたらよいでしょうか
老犬のため 手術は 避けたいのですが・・・

主治医にはまだ見せてはいません

なにか良い治療法がありましたら、教えてください

   愛知県 水野
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

確かに質問者さんのいうとおり、炎症か腫瘍のどちらかでしょうが、残念ながら主要である可能性がかなり高いと思います。
睾丸炎というのはあまり多くないのとかなり熱や痛みを伴いますので、もし触っても痛がらない場合は腫瘍の可能性はかなり高いと思います。
睾丸炎の場合はお薬で抑えて、それでもダメなら手術になりますが、腫瘍の場合 は手術しか方法はありません。
確かに麻酔はある程度のリスクは伴うものの、去勢手術は手術の中でも一番簡単なものの部類に入り、10分程度で終わってしまいます。

僕は高齢の子でも心臓や腎臓などの主要臓器に大きな問題がなければ、今後のことを考えれば手術をオススメします。
そのままにしておくと、そこがうんできたり、気にして傷つけてジュクジュクしたりしてしまう可能性も高いでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
回答文の二行目の主要は腫瘍の間違いです。
失礼いたしました。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
病院へは行かれましたか?

犬 についての関連する質問