JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めてお便りします。 6歳のフレンチブルドックを飼っています。 4週間ほど前から おしっこの出が悪くな

解決済みの質問:

初めてお便りします。

6歳のフレンチブルドックを飼っています。

4週間ほど前から
おしっこの出が悪くなり、
近所のペットクリニックで
尿道を広げる薬を処方してもらい、

おとといまで粉薬を飲んでいました。

途中、
出血も(薄い赤色)ありましたが

おとといから
足腰がふらつくように なり、
クリニックで診察を受けたところ、

腰の炎症と膀胱炎という診断をうけました。
消炎鎮痛剤と膀胱炎の薬を
新たに処方してもらい、
おとといより
この薬のみを服用しています。

足腰は徐々にもとにもどり、
食欲も戻って、元気にほえるようにもなりました。
しかし、
先ほど
今まで見たこともない血尿、

それもかなりの量でした。

途中の血尿は濃くてドロッとしているものもあり、
とてもビックリしました。

でも
それ以外は元気な様子です。

実は
伊豆大島在住で

ペットクリニックは1軒しかなく、
すぐに電話で問い合わせをしましたが

留守番電話でしたので
不安になり
メールさせていただきました。

3年前、
誤って農薬を飲んでしまって
大変な思いをして以来、

免疫が落ちたのか
皮膚の病気や
おしっこの出が悪くなったり、
おしっこの前と後に血が混じっていたり

後ろ足を引きずってナックル状態になったりを
繰り返しているような状態です。

結局
膀胱炎なのか、腰痛なのか、ヘルニアなのか、尿路(尿管)結石とかなのか
原因がはっきりしないのです。

何か
先生方に思いあたることなどあれば、
教えていただきたいのですが・・。(泣)

アドバイス料はおいくらですか?


東京都大島町 森田
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

症状からは一個の病気でなく、複数の病気が重なっているものと思えます。
まずヘルニアだけでは血尿は出ませんので、泌尿器系の病気、あるいは凝固異常(止血異常)のどちらかがあるのではないかと思います。
またナックリングやふらつきというのは通常泌尿器や凝固の病気では起こりませんので、こちらはヘルニアや背骨自体の異常(フレンチブルちゃんには多いです)がある可能性も十分あるのではないかと思います。

正直なところその症状から上記のことが怪しいとは言えますが、その中でどの病気の可能性が高いということは難しいです。
農薬を飲んで以来おしっこの調子が悪いということになると、それによる肝不全から凝固異常を起こしているとも考えられ ますし、不凍液のようなもので会った場合、腎臓に結石ができることもあります。
どろっとした血尿である場合には止血異常よりは泌尿器系の以上での出血(凝固異常では血は固まりませんので)の可能性は高いかと思います。

現在の通われているクリニックにどこまでの施設があるのかわかりませんが、
1.エコー検査
 これで膀胱結石はわかりますし、腎臓結石もほとんどはわかります。また腎臓や膀胱の構造異常や炎症があった場合もわかります。
2.血液検査
 一般的な血液検査で全身状態を調べるとともに、外部へ検査へ出すことで凝固昨日検査や肝機能検査ができます。
3.尿検査
 これにより、結晶が出ていないか、細菌性の膀胱炎や腎炎がないかがわかります。
4.レントゲン検査
 造影レントゲン検査をすることで腎臓の異常や尿管の異常(結石もある程度の大きさであれば)がわかります。

といったことはできる可能性があると思います。
その他神経の異常や小さい結石などに関してはCTなどを取ることでわかります。

ですので、できる限りの検査を今の病院でしてもらうか、かなり複雑(高度)な病気が隠れている可能性が高いので、大変だとは思いますが、一度全身的な精密検査を東京の方まで出てやってもらった方がいいのではないかと思います。
そのままにしておくと徐々に悪くなっていく可能性も高いのではないかと思われます。



japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

~お礼~


 


すぐにご解答いただき


ありがとうございました。


 


dee deeは乗り物が苦手で、


ペットクリニックまでの15分足らずの車移動でも


チアノーゼを起こすくらいの乗り物嫌い・・・


 


船に乗るのもかなり難しいかな・・(困)


 


大島のペットクリニックでは


血液検査、レントゲン検査は可能だと思います。


MRIとかはないです・・・


 


心配で泣きたくなります・・・


 


明日、また受診してみます。(; ;)(泣)


 


本当にありがとうございました。m(- -)m  伊豆大島・森田

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。
そうなると確かに難しいですね。

レントゲンや血液検査でもある程度は病気を絞っていくことは可能だと思います。
エコーがあるとかなり有効ですので、それがあるのであればしっかり見てもらった方がいいでしょう。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問