JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5408
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

13日ごろから、よろよろ歩くようになり、首をくねくねするようになり、MRI検査を進められ、今日、検査してきました。

解決済みの質問:

13日ごろから、よろよろ歩くようになり、首をくねくねするようになり、MRI検査を進められ、今日、検査してきました。 脳炎や梗塞の疑いがあるとのことですが、検査機関のため、かかりつけの先生に相談をとのことでした。 人間と違い、脳の専門医はいないと思いますが、詳しい先生はいるのではと、思いますが、アドバイスをお願いします。


追加情報を入れましたが、記載がないので、再度書きます。


右後頭葉、右小脳、小脳虫部領域、延髄遠位~C2推体近位に位置する脊髄の左側に、T2強調画像・FLAIR像:高信号、T1強調画像:やや低~等信号、造影剤により増強されない領域を認め、炎症、浮腫、梗塞等を疑うとのこと。


追加:側脳室拡張の指標であるVB値は16%。鼓室胞内に炎症等の特異所見は認められない。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測で す。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

本来は脳脊髄液検査で細胞診断と抗アストロサイト自己抗体検査が必要です。
MRI検査後に麻酔がかかったままの状態で脳脊髄液を抜く事が必要です。
そこまで検査されていないので診断が出来ずに終わったのでしょう。

脳梗塞にしては広範囲で偏りがあるのでおそらく炎症性肉芽腫性髄膜脳炎(GME)の初期
である可能性が考えられます。

原因は不明で免疫異常が原因とされています。

治療法は対症療法になりますが免疫抑制剤のサイクロスポリンやステロイドのプレドニゾロン、状態が改善しない場合には強い免疫抑制剤のキロサイド、放射線治療などを
使用することもあります。

何度かMRI検査をしていくとその経過で脳梗塞やGMEであるかは判定できるかもしれません。

画像をみてませんのであくまで参考程度の意見としてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


丁寧な回答をいただきましてありがとうございます。


MRIは病院で撮ったのではなく、MRI検査のみを専門にするところであったため、当初の検査依頼内容しか行なってもらえませんでした。


回答の内容を拝見させていただきますと、大学病院などのようにMRIを備えた、脳神経関係の診療内容がある大きな病院の方が、今後を考えると好ましいのでしょうか?


この点だけ、再質問をさせてください。よろしくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
そうですね、撮影したものを持って大学でセカンドオピニオンをしてもらい
今後の治療方針を立ててもらう方が良いと思います。

一般開業の先生の手に負えるレベルを超えています。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問