JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして。 12歳になるゴールデンの♀ですが、2~3か月前くらいから、右目の焦点が少し外向きにずれてきまし

解決済みの質問:

はじめまして。

12歳になるゴールデンの♀ですが、2~3か月前くらいから、右目の焦点が少し外向きにずれてきました。
齢のせいなんだろうと様子をみていたのですが、数日前から、目の中の薄皮みたいな膜が下の方からだんだん目を覆う様に被さってきました。
少し充血もみられます。痒がったりすることもなく、通常と変わりないのですが、、、。

宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。
 
視力はありますか?

歩いてふらついたりしていないですか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございます。


 


ライトをあてると瞬きしますので、見えているとおもいます。


小走りに走ったりもします。ふらつきはありません。


少し目やにがでています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございます。


 


ライトをあてると瞬きしますので、見えているとおもいます。


小走りに走ったりもします。ふらつきはありません。


少し目やにがでています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 


有難うございます。


 


ライトをあてると瞬きしますので、見えているとおもいます。


小走りに走ったりもします。ふらつきはありません。


少し目やにがでています。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
可能性として考えられるのは

①ホルネル症候群

これを起こす場所は広範囲で脳、頚部の神経、胸部の神経が
関連しています。
瞬膜という白い膜が眼の内側から出る、瞼が下がる、瞳孔の縮瞳などがみられます。

② 眼球を支配する筋肉の障害
 脳神経の障害、腫瘍や炎症などが原因で起こります。

犬種や年齢を考えると腫瘍が疑われるので早めに病院に行き検査を受けましょう。
場合によってはMRI検査が必要ですが、これは何処にでもある訳では
ないので担当医に必要な場合に大学などを紹介してもらいましょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問