JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

宜しくお願い致します。 愛犬パピヨン9才8カ月(オス) 9/16に少し様子が違うので病院にいったところ、「何

解決済みの質問:

宜しくお願い致します。

愛犬パピヨン9才8カ月(オス)
9/16に少し様子が違うので病院にいったところ、「何処も悪いところはないようですね」と言われましたが、
気になり血液検査をしてもらったところ・・・
すぐに免疫介在性溶血性貧血と診断され、即入院することになりました。

PCV・・・38.0
RBC・・・492
WBC・・・188
GOT・・・80
T-Bil・・・1.5
CRP・・・9.30
Na・・・151
その他は正常値

2,3日の入院ということで最初はびっくりしましたが、早期発見ということで先生にお任せしました。

次の日にガンマガード・血管に血液を詰まらせないための点滴(151~300)・ステロイド剤など内用薬2種類

検査結果が思わしくなく、19日にも輸血処置をしていますが、数値は悪くなる一方で、胃から出血・・・
「効かないようですね」の一言でした。

その日に家に連れて帰ってみると、翌朝の検査結果で血小板が5倍も増えて1万が5万に・・・
翌日も2倍に増えていました。これで少しは出血が防げるかもと思っていましたが

赤血球155・白血球470
なぜか悲惨な結果でした。

輸血を望みましたが、出来ないとの事で
25日午後11時に、急変しましたと連絡があり駆けつけましたが、すでに息はありませんでした。

聞くと、「酸素室の中で吐いたものが器官に詰まり亡くなりました」
淡々と話す先生、泣き崩れる私・・・

余談かもしれませんが、今思えば温度差を感じずにはいられませんでした。

この様な内容はあり得るのでしょうか?
病気知らずの元気いっぱい走り回っていた愛犬が・・・
原因も分からずあまりに急な不幸に納得がいかずモヤモヤしている自分に、回答をお願いします。

ちなみに治療費は206,090円です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
突然のことで、気を落とされていることでしょう…。
少し気になる点があるので、確認させてください。
免疫介在性と診断されたとのことですが、中毒など他の可能性は言われませんでしたか?
また、最終的にPCVはいくつまで下がっていましたか?
その間ずっとステロイドは続けていたのでしょうか?
また、吐き気もずっとあったのですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

早々の回答、有難うございます。


中毒も感染も疑いが無く、この病気は原因不明だと聞かされました。
25日の検査結果が無くて、なぜか最終の結果は24日で14.2%です。


ステロイドは17日・24日だけだと思います。


吐き気は、入院して次の日に一度あったようです。


他に気になるのは、体重がなぜが3.7㎏が4.2㎏に増えていることです。


点滴のせいでしょうか?


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございます。
ステロイドを使用したのは二回だけですか… もし本当にこの病気なら、免疫抑制をするような高用量のステロイドをしばらくは続けて毎日投与するのですが…。
それと、もしこの病気でしたら、輸血はかなり危険を伴います。
ただ、実際のところ値がどんどん下がるので輸血しか方法がなくなってくるのですが、自分の せっけっきゅうをどんどん壊していく病気なので、輸血してもどんどん貧血が進行することが多いのです。
なぜステロイドを二回しか使わなかったのかは疑問ですね…
最初の日のPCVも亡くなる前の日のものも、これが原因で亡くなるような値ではないと思いますし、やはり死因は先生が言われていることで間違いはないと思います。

私の見解としてはPCVも当初貧血と判断するほどの値でもないですし、別の原因、例えば中毒などが根底にあったのではないかと思いますね…

体重は点滴で増えたと思いますが、もしかしたら点滴の量が多すぎて浮腫を起こしていたということも可能性としてあるかもしれませんね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ステロイドは効かないと言われました。


最後に肺に水が溜まっているとも聞きました。


 


すぐに点滴をされている愛犬を見たから言えませんでしたが、


今思えば。ほかの病院にも行くべきでした。


 


やはり、自分自身を責めてしまします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ーやはり死因は先生が言われていることで間違いはないー


 


ー別の原因、例えば中毒などが根底にあったのではないかと思いますねー


 


どう受け止めたらいいのでしょうか?


 


又、ステロイドが効かないとはどういうことですか?


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
この病気でしたら、ステロイドやアトピカというような免疫抑制剤を使うのですが、きかないと言われた経緯が私にはわかりません… この病気だったら使うのですが…

死因は嘔吐による窒息というので間違いはないと思います。
貧血が原因でなくなったのではないだろうということです。

肺に水がたまっているというのも、最初からあったのか、点滴が多すぎてなったものなのかわかりませんね… もし最初から肺水腫があったのなら、それが死因となる可能性も高いと思いますが…
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問