JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

うちの犬が、癌を宣告されました。今後について迷っています。 MIX(ワイヤーヘアー) ♂ cast済 7才

解決済みの質問:

うちの犬が、癌を宣告されました。今後について迷っています。

MIX(ワイヤーヘアー) ♂ cast済 7才 体重20kg
元々、手足を舐めたり湿疹ができたりと、アレルギー様の症状があります

経過を記します
9月12日〜右前肢をややかばう程度の跛行。 肢をついて走る事はする
触診でもやや庇う程度。プレビコックス227を1/2T×SID×7days & 整腸剤
20日〜症状は変わらず、跛行が酷い日もある
再診でも変わらず、前回の薬と併せてノイロビタンも投薬
24日〜跛行が酷くなる。走る事もあるが、右前肢を拳上したままの時も。座位でも拳上が見られる
触診での様子は変わらない。関節強化の薬のみで様子を見る
25日〜夜半から右前肢肘関節より4cm程下が腫れ始める。
26日〜腫れと跛行が酷くなっている。触ると痛がって鳴く事もある
レントゲンを撮って貰えました
X-ray前肢→右前肢腫脹部分の尺骨が溶けている。辺縁が袋状に膨らみ中は黒い影でした。
左前肢の同位置に2mm程の黒い影が。右前肢と同様の症状かもとの事でした
肺→伏臥位では、左側の肺が白く、心臓の右心室側の形がはっきりしません
横臥位では、心臓の近くに5〜6cmの白い影と、2〜6mm程度の影が5ヶ所程
まだ細胞診はしていません。明日、血液検査はお願いしました。
今のところ、咳はありません。ただ、突然ハーハーし出した事が何回 かありました。やや疲れやすくなり、散歩などで動いた後は、呼吸が落ち着くのに時間がかかる事もあるように思います。喜んで飛びつこうとしたり(やらないように制止しています)、はしゃいだりはしますが、家でも隅で横になっていることが多くなりました。

最初、断脚の話も出ましたが、肺にも影がある事から、手術や抗癌剤は苦しめるだけだろうと言われました。もし、やるならインターフェロン療法と対症療法をとの事でした。
私は、可能性がありそうなものは、状態を見ながらやってあげたいと思っています。
何か他に試せる事はあるでしょうか?
他に無ければ、せめてインターフェロン療法をやりたいと考えています。
姫マツタケ(岩出101株)リキッドと、ペットポリス・アガリクス入りが今手元にあるのですが、与えてみても大丈夫でしょうか?

確定診断もしてないし、情報が少なくて申し訳ありませんが、ご意見を頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確 かにその状態では断客など足の状態を何とかしても転移が余計に成長スピードを速めてしまう可能性があるので、全身的な療法しかなさそうですね。
インターフェロンに関してはどの程度効果があるのかはわかりませんが試してみてもいいでしょう。
また、ピロキシカムが種々の腫瘍の成長を抑制することが分かっており、これをやってみるのもいいでしょう。


ただし、最近かなり動物の癌治療でも広がってきた治療法の一つに免疫療法といわれるものがあります。
これは自分の免疫力を高めることで腫瘍を抑える力をつけようというものです。

具体的には活性化自己リンパ球療法というものがあります。
これはワンちゃんの血液からリンパ球を取り出して、それを培養して増やして再度体に戻すというものです。
まだやっている病院はそれほど多くありませんが、効果もかなり出る子も多く、やってみる価値はあるでしょう。
おそらく大ちゃんは骨肉腫である可能性が高いと思いますが、骨肉腫に使った一例を載せられている病院がありましたので、リンクを張っておきます。http://tanaka-juui.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-cb87.html

それから姫マツタケ(岩出101株)リキッドと、ペットポリス・アガリクス入りなどの漢方も使われてもいいですが、他の選択肢を考えれるのであれば早めに治療の相談をしていかれることが一番でしょう。
動物 活性化自己リンパ球 お住まいの地域名 を入れて検索されるとこの治療をやられている病院がわかると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
返事が遅く夜中になってしまい、すみません。失礼します。
丁寧な御回答ありがとうございました。

今お世話になっている先生には、インターフェロン療法以外は、ただ大を苦しめるだけになると思うから勧めないと言われています。大学病院なども伺ってみたのですが、状態が厳しいし…と難色を示され ていました。
ただ、私としては可能性があるなら何かしたいと思っていますので、教えて頂いた治療を、やってみたいと思いました。
かかりつけの先生や治療を行っている病院と相談になるとは思いますが、大にも出来るならぜひ試してみたいです。

活性化自己リンパ球の治療は、行っている病院がまだ少ないようですが安全性はいかがですか?
肺にまで転移していて、やっていただけるものでしょうか?

なるべく早く何かしたいと思い、今日血液検査をしてインターフェロン療法を開始したいと思っていました。もし他院へ行くような話になるようだったら、インターフェロンの注射は控えた方が良いでしょうか?

すみませんが、御回答お願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

活性化自己リンパ球療法は自分のリンパ球を培養して再度戻すというものですので、副作用も少なく、安全な治療法の一つになります。
これは腫瘍細胞を攻撃するためのものを体に増やすものですので転移があっても問題ないです。
全身療法になりますので、 転移がある子にも使える方法です。

もしこれを考えられる場合は、できればインターフェロンは止めておいた方がいいと思います。
僕は個人的にはインターフェロン療法を使わないのでわかりませんが、体内の状況が複雑になってしまう可能性があるので、とりあえずは止めておいた方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問