JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

動物飼い犬の病状について、首のところに大きなこぶができ前足をひきづるようになり、かかりつけの動物病院でみてもらい、始

解決済みの質問:

動物飼い犬の病状について、首のところに大きなこぶができ前足をひきづるようになり、かかりつけの動物 病院でみてもらい、始めは薬で対処しましたが、一向によくならず、手術で除去することになりました。手術後経過はよかったのですが、14日ぐらいに一度薬をやめてもますか、ということで、一日投与せず様子をみたところ、はじめのころの病状より悪化してしまい、現在、立ち上がることが困難となってしまいました。薬を服用していますが、一向に良くなる様子がありません。今後どうすればよいでしょうか?メス9歳のゴールデンレトリーバーです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

こぶが大きくなりすぎて邪魔になって歩行が困難になったということですか?

こぶは腫瘍でしたか?その種類は病理検査をしていますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.


こぶは病理検査で、繊維性のもののようです。腫瘍ではないとのことでした。また、こぶが大きくなりすぎて邪魔というよりは、左前足を下につくときに痛そうな泣き声を出し体を支えることができない状態です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

こぶは邪魔になっているよりむしろそのこぶが神経を圧迫しているようで、左前足を下につこうとすると、痛そうな泣き声あ発します。


こぶを病理検査に出してもらいました。腫瘍ではなく、繊維性のもののようです。とのことでした。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
原因として考えられるのは頸部の背骨の中に腫瘍が浸潤している、椎間板ヘルニアを
起こしているなどが考えられます。

こぶはあまり関係なかったのでしょう。

大学や2次診療施設でMRI検査をしないと診断できません。
紹介制なので紹介してもらいましょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問