JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ラブラドールのメス4歳。体重33kgが、下痢と粘液血便が続き、非常に心配で、どのような検査を行えばよいか、医者を変えた方が良いか、ご相談したく入力しました。状況を説明します。2週間

解決済みの質問:

ラブラドールのメス4歳。体重33kgが、下痢と粘液血便が続き、非常に心配で、どのような検査を行えばよいか、医者を変えた方が良いか、ご相談したく入力しました。状況を説明します。2週間前から、両足の付け根を急に描きだし、両足の上腕部が赤く腫れてきたため、地元のペットクリニックに診察してもらった。医師の診察結果、アレルギーとのことで、1.RILEXIPET600 VIRBAC 1錠/10日分、2.タベジール1mg 朝夕1錠10日分、3.オレンジ色の抗ヒスタミン薬 3日分を処方してもらった。飲ませ始めて約4日くらいから下痢が始まり、6日くらいから、便に血が混じり始めたため、再度受診。医師の診断では、水を飲ませすぎたため、下痢がはじまり、上記薬が原因で、便に血が混じり始めたのだろうということで、薬の投薬は、6日目くらいからは、中止しました 。皮膚の状態は、若干改善しましたが、投薬を中止したにも関わらず、日増しに、下痢、血便の量が増え、食欲が低下してきております。現在は、粘液上の下痢と便の30%が、少し黒ずんだ粘液性の血便が徐々に増えており、非常に心配です。どのような検査を行い、原因を特定し、対策を講ずれば良いか、医者を変えた方が良いか、教えていただけますでしょうか?嘔吐はありません。食事は、抗アレルギーもどっくw
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく、下痢の原因はお薬である可能性がありますが、お薬がどのような影響を及ぼしているかによって治療や検査方法は変わってきます。

Rilexpetはセフェム系の抗生剤で、一般的な副作用として消化管障害(下痢やおう吐、食欲不振)があります。
タベジールも抗ヒスタミン剤で、抗ヒスタミン剤も消化管障害の副作用が出ることはありますが、あまり多くはありませんので、おそらく抗生剤によるものではないかと思います。

抗生剤による下痢の機序としては
1.正常細菌叢の細菌まで殺してしまうことにより、腸内環境が悪化する
2.薬へのアレルギー反応が起きて腸炎を起こす
と大きく分けて二つの原因があります。

どちらもひどければ血便が出ることもありますので、症状だけでどちらによる下痢かを言うこ とはできません。

通常1の場合はお薬をやめることで徐々に元に戻ることが多いです。
もしそれでも戻らない場合はビオフェルミンなどのお薬を使うことで収まってくれることが多く、それほど重度の症状を起こすことは多くはありません。
ただし、腸内環境の悪化から重篤な腸炎を起こすことも起こります。

問題はアレルギーによるものです。
アレルギー反応も単純なものであれば、薬をやめるだけで収まるケースも多いですが、怖いのはお薬に対して免疫反応が異常に強く出てしまった場合です。
これはどのお薬でも起こりえて、また、事前に予測することは不可能ですが、自己免疫性疾患を誘発してしまう可能性があります。
これは腸に出たり、膵臓に出たりしますので、今の食欲が落ちている状態が、重度の腸炎から来るものなのか膵炎から来るものであるのかどちらかの可能性もあると思います。

それから、最初の皮膚の症状が実は自己免疫疾患の一症状であって、お薬を飲んだタイミングで同じような免疫反応が腸に出たという可能性もあります。
その場合は、お薬は関係ないということになります。

今の症状としては、黒ずんだ粘液性の血便ということですので、小腸や胃からの出血が示唆され(大腸からの血便は鮮血に近いです)、そのあたりで炎症を起こしている可能性が高いです。
血液検査で肝臓の数値が高くないかも(膵炎でも肝臓の数値は上がりますし、肝臓疾患でも血便を起こすことがありますので)一応チェックしておく必要はあると思いますし、エコーで腸や膵臓、肝臓を見たり、もちろん検便も必要でしょう。
ただし、おそらく原因を追及する一番いい検査としては内視鏡検査になると思います。
ワンちゃんの場合は内視鏡をするためには全身麻酔が必要なため、他の負担のかからない検査で異常がないあるいは腸の異常が怪しい場合に内視鏡検査へ進むか試験的治療(薬への反応を見ながら診断していく)を行うかになると思います。

病気が起こった原因(薬のせいなのかたまたまなのか)を探っていくのは難しいですが、それをすることで今起こっている病気(どのような腸炎なのかなど)はわかり、治療法が確定する可能性は高いので、まずは、全身的な検査をして、必要に応じて内視鏡検査をするということがいいのではないかと思います。

もし今の病院で積極的な検査をしてくれないとか、少し不安がある場合は、内視鏡のある病院を紹介してもらうのもいいでしょう。
そういった病院の方が、胃腸の病気をよく見られていると思いますし、診断治療に慣れている可能性が高いので。
質問者: 返答済み 4 年 前.


夜遅くにも関わらず、非常にわかりやすいご回答ありがとうございました。


ご説明いただきましたように、1-全身的な検査をして、2-必要に応じて内視鏡検査をする方向で、まずはかかりつけの病院に行ってみたいと思います。


Q1:食欲があまりなく、ドックフード(アレルギー対策用)を食べなくなり約2日たちました。好物のサツマイモやドックフードを粉砕し、やらかいお粥のような形であげた方がよいでしょうか?


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.


夜遅くにも関わらず、非常にわかりやすいご回答ありがとうございました。


ご説明いただきましたように、1-全身的な検査をして、2-必要に応じて内視鏡検査をする方向で、まずはかかりつけの病院に行ってみたいと思います。


Q1:食欲があまりなく、ドックフード(アレルギー対策用)を食べなくなり約2日たちました。好物のサツマイモやドックフードを粉砕し、やらかいお粥のような形であげた方がよいでしょうか?


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですね。

本来アレルギー性の疾患が疑われる場合はあまりいろいろな種類の食事は与えない方がいいので、今食べているアレルギー食+1,2種類の食事にされることをお勧めします。
サツマイモが好きであれば少しふかしたりしてにおいを出してあげるといいと思います。
もちろんおかゆ状にしてもいいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問