JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

先月、愛犬(ウエスティ6歳)が突然死した原因を教えてほしいです。 朝食は9時頃し、犬の室内(温水)プールについたの

質問者の質問

先月、愛犬(ウエスティ6 歳)が突然死した原因を教えてほしいです。
朝食は9時頃し、犬の室内(温水)プールについたのが13:30すぎです。
長くは泳げないので短い距離を何回も泳いだり、水遊びを元気にしていました。
(普段から家での水遊びのときは、良く水を飲んでは出してという感じでした。)
この時も、2時頃に排便と排尿をし、その後も排尿1回、3時すぎにプールから出て下痢っぽい排便を少しと排尿をし、その後お座りしていました。(舌は出しておらず、少し疲れた感じ)
その後シャンプーしてしたところ、急にぐったりしてしまい、その後、目が変になり(白目になったり)ショック状態な感じに。3時半ぐらいでその時呼吸はしていました。外出先だったので近くの動物病院を確認してもらい連れて行ったのですが、間に合わず、息を引き取りました。4時にはまだ呼吸はしていましたが浅く、間隔も空いたものでした。病院に着いたのが4時半で心臓マッサージをしてもらいましたがダメでした。
1歳の時、去勢済で、フェラリや以外の細かい検査等をしてないので持病があったかわかりません。
今から思えば、散歩の途中で座り込むことが何回かあったかなぐらいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

混合ワクチンは毎年接種していましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


混合ワクチンは毎年3月にしていました。


1歳すぎにアレルギーの血液検査をしたら、原因物質がたくさんあったので、専用のドライフードと、たまに手作り食をあげていました。


(サイエンスダイエットz/dを今まであげていましたが6月からロイヤルカナンの低分子プロテインPhコントロールに変えています)


食事は早食いでした。水もよく飲むほうでした。体重は約8キロ。


 


 


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因として考えられるのは

①人間と一緒で脳梗塞や脳出血を起こして倒れた。準備運動もせずに泳いだりすると
 起こるのは人間と一緒だと思います。

②心臓発作を起こした。これも突然に入水したりして突然に起こした事が
 考えられます。

③脾臓に 腫瘍が出来ていて動いた時にそこから大量出血してショック状態になった。

が主に私の見解では考えられます。
他にも色々と原因があるかもしれませんが年齢や犬種、私の経験からすると
この辺りが疑わしいのではと思います。

最近ではMRI検査をすると比較的若い年齢でも脳梗塞や脳出血を起こして
いるのが人間同様にみられます。

残念な事になりショックでしょう。心中をお察しします。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
他に何か質問はありますか?
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
前の専門家の先生がオプトアウトされたので少し僕の考えをお話ししたいと思います。

まず、状況を文面だけで聞くことになるので、あくまで状況からの推測になり、可能性はあげられますが、これに違いない ということはできないことをご了承ください。


まず午前中の時点で特別大きな変化がなくて、その後数時間で亡くなってしまうとなると可能性としては
1.循環器(極度の低血圧)
2.脳
3.中毒
4.窒息などといったことが候補に入ってきます。
このなかで状況的には窒息はまずないと思いますし、嘔吐がなかったということは中毒の可能性も低いです(一部の神経毒では嘔吐を起こさず中毒症状を起こすことはありますが、そのような物質にその生活の中で接触する危険性はまずないと思います。

ですので、そうなると脳かあるいは循環器の どちらかの原因が高いと言えるかと思います。

僕は個人的には循環器(特に心臓)の異常が可能性としては強いのではないかと思います。
もともと散歩の途中で座り込むことが多かったというのは軽めの先天性の心疾患あるいは弁膜症 などの後天性心疾患があり、運動不耐性があったのではないかと考えます。
普段の生活は特別支障はなかったけれど、水泳をしてかなり心臓に負担がかかったところにシャンプーのストレスがかかったことで一気に心臓の動きが悪くなって心停止を起こしてしまったと考えるのが一番経過には合っているのではないかと思います。
上にあげた心臓病以外にも原因不明で起こる心タンポナーゼ、ストレスに伴う重度の不整脈、心筋梗塞なども原因としては考えられるでしょう。

また、低血圧の原因として、胃捻転(小型犬の子ではめったに起きない)や先ほど上にもあげられていたような腹腔内腫瘍からの出血(あまりこの犬種では見ないのとそれがでるには少し若いですが)の可能性もあるとは思います。


それから脳に関しては上にもあげられている可能性は考えられますが、経験からは心疾患よりはそのお歳では一般的ではないかと思います。


上にあげたものはあくまで可能性ではありますが、なかなか自覚症状をしゃべれないワンちゃんの場合、不調があってもわからないことも多く、突然死として出てきてしまうこともあります。

お悔やみ申し上げます。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問