JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

14歳のオスのラブラドールの事で相談したいのですが... 一時期、後ろ足にまったく力が入らず自力では立てなくなり

解決済みの質問:

14歳のオスのラブラドールの事で相談したいのですが...
一時期、後ろ足にまったく力が入らず自力では立てなくなり
もちろん歩行も自力ではできませんでしたが(検査の結果、癌とかではない)
ぺティオの胴に着せて補助するタイプのもので
トイレを させたり短距離の散歩をしたりが2年続きました。
それが最近では寝たまま糞尿をしてしまいます。
家にいるときは臭いで気が付き、すぐ掃除するのですが留守の時には時間が過ぎてしまいます。
そうすると体の下側の毛が糞尿で汚れ、かぶれてしまいます!!
そのうえ無駄吠えなどしない子だったのに最近は一日中ほえています。
昼間はまだよいのですが、夜中に吠えるのには大変に困っております。
室内犬として今日まできたので今更、かわいそうで外に出すわけにもいかず....
夜12時にトイレをさせて寝るのですが、夜中2時、4時半とトイレをさせに外に行きます。
いまは、外で水で流して洗えるのですが、
これから寒くなると、それもきつそうです。
何より夫婦とも60歳になりますので大きなラブ(38キロ)の介護に腰痛と寝不足で
共倒れしそうです。
室内は、糞尿の臭いが消臭剤をまいても、まいても!!(困ってます)
何か良い介護の方法や薬などありましたら教えてください。
吠え防止に口にハメるタイプのものを購入しましたが効果がありません。
アドバイス宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

こんにちは。宜しくお願い致します。

アールちゃんの介護大変だと思います。

恐らくアールちゃんは認知障害になっていると思われます。

ひとつは、獣医さんにお願いして睡眠薬をもらい飲ませてあげることで、夜は静かになると思います。ただし、薬の効き方はワンちゃんそれぞれにちがいますので、はじめは少ない量から開始していただき、徐々に効き方をみながら増やしていくことをお勧めいたします。

うまく調節すれば夜は鳴かないで、寝ていてくれるようになると思います。

薬の名前はアセプロマジンというものです。獣医さんにお願いしてみてください。

 

また、もう使用されていると思いますが、ペットシーツを使うとか、おむつをしてあげるとか、していただいてもよろしいかと思います。ただし、おむつの場合は、膀胱炎になることがあるので、要注意です。

冬は、できればお風呂場で洗ってあげてください。

また、ご存じだとおもいますが、褥瘡にならないよう体位転換をコマメにしてあえてください。食欲があるうちはまだまだ頑張れるとおもいます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます


オムツを購入しはかせましたが取ってしまいます!


オムツカバーも上からしましたが取ってしまいます!


そういう元気はあるようです。


獣医さんまで遠く、元気な時から車を嫌がるので


連れて行く事は非常に困難ですが、症状を言って薬を出して頂くことは可能でしょうか?


連れてこないと...と言われそうですね(苦笑)


せめて夜は寝てくれたら私の負担も軽減されます。


睡眠薬的な事は考えませんでしたが、


糞尿の臭いの軽減・吠え・が解決したらいいのですが...


アールは、寝ていても体が痛いようで


まきつけるタイプの床ずれ防止サポートやクッションも購入致しましたが...排除しようと努力するだけで...こまりました。


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かに、診察をしないと獣医さんもお薬を原則としてお出しできない決まりになっております。

ただし、まずは相談をなさってください。場合によっては頼み込めば往診してくださるかもしれません。そしたら、薬もだしてもらえるでしょう。

尿に匂いについては、可能性のひとつですが、

寝たきりになりますと、膀胱炎になりやすいですので、できれば尿検査(新鮮な尿さえ取れれば検査できます。アールちゃんは連れて行く必要はないです。)を定期的にしてもらって必要なら抗生剤を飲ませてあげるなど、できると思います。

おむつを嫌がるのであれば、体の下にペットシーツを敷いてあげてなるべく水分が吸収されるようにしてあげてください。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問