JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

レトリバー ♀12歳 のことで、5年くらい前から、中耳炎が治らず、かかりつけの獣医師のところで全身麻酔で内視鏡による

解決済みの質問:

レトリバー ♀12歳 のことで、5年くらい前から、中耳炎が治らず、かかりつけの獣医師のところで全身麻酔で内視鏡による洗浄治療を受けていますが、良くなりませ ん。かれこれ30回以上同じ治療をうけています。
今回MRSAが検出されたということで、残った鼓膜の切除と3日に一度の内視鏡洗浄をMRSAがいなくなるまで繰り返し、その後耳道切除手術という治療方針を打ち出されましたが、この治療法がベストなのでしょうか。治療費も今回だけでかるく100万は超えそうです。今までの治療費だけでも250万以上かかっています。経済的にもこれ以上無理ですし、何より12歳と高齢の犬のことが心配です。何か、別の方法はないのでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

ワンちゃんの外耳炎あるいは中耳炎は第一選択の治療法は内服あるいは洗浄になります。
それでも治らず慢性化してきてしまう場合、耳道が狭くなり、洗浄も十分にできなくなりますし、さらにMRSAが検出された場合、お薬もききにくい、そうなってしまった場合にはやはり外科的に切除してしまうしか方法がなくなってきます。

まだひどくない場合はお薬によって腫れを抑えたりすることもできますが、5年前からとなるとすでに耳道が石灰化していたりして、お薬でもどうしようもなくなることがあります。

確かに高齢ですし(ゴールデンちゃんの子で12歳というと寿命に近いくらいです)、手術は負担になる(何度も全身麻酔をかけること自体も負担になりま すが)ので、もし今の状態がひどくない場合は、手術をしないという選択肢もあります。
その場合は、MRSAでも効く抗生剤がある可能性があるので(MRSAとはメチシリンといわれる強力な抗生剤が効かないという意味ですべての抗生剤が効かないというわけではありません)、それを使いながらうまく付き合っていくしかないと思います。
もし中耳炎がひどくなければ(外耳炎がひどいとしても)、そのままの状態で付き合っていくことは可能かもしれません。

状態を実際に診ているわけではないので、はっきりとしたことは言えませんが、手術以外に根本的に解決する方法はないですが、お薬でうまく抑えながら付き合っていくことは可能かもしれません。
一度今の病院に相談するか、他の病院に実際に診てもらい、セカンドオピニオンを効かれるのもいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問