JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日はご回答いただきありがとうございます。 同様の質問ですが、犬の結石を薬で溶かす治療は一般的でしょうか?

解決済みの質問:

昨日はご回答いただきありがとうございます。
同様の質問ですが、犬の結石を薬で溶かす治療は一般的でしょうか?

近所の獣医師はオスの場合、尿管に詰まる可能性があるので、基本的にやらないとのこと。

他の獣医師に電話で問い合わせたところ、オス犬でも投薬治療を行うことは可能とのこと。

療法食については、結石を溶かす成分が何なのかよ く分かりません。
長期に食べさせるとなると、成分に疑問を感じます。

また、溶かす成分はメチオニンですか?

手術をしても、再発のケースが多いと聞きますし、リスクが怖いです。
6年間も慢性なので、このまま寿命まで現状維持の賭けるか、悩んでいます。

投薬治療のできる病院がなかなか見つかりません。
また、手術であれば関西にある内視鏡を使用した治療を検討しています。

アドバイスお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、ワンちゃんのストラバイトであれば食事に寄る溶解療法は一般的ではあります。
確かに石がある程度小さくなって来ると膀胱から尿道の方へ出てそれが尿道の一部に詰まってしまうリスクはありますが、ワンちゃんでは石が尿道へ詰まってしまうことは多くはありません。
ですので、僕も結石の溶解療法はおこなうことが多いです。

ただし、溶解療法の欠点としてはほかに
1.わんちゃんの結石用のフードで溶解作用のあるもの(結石を作らないようにするものではなくて)は缶詰フード(s/d)しかないですので、費用がかかる
2.大きな結石では溶けるまでかなり時間がかかるが、結石溶解フードは成分が少し偏っているので、半年以上続けて給与することはできない
3.ストラバイト結石は時々、菌を中に閉じ込めてい るといわれているので、それによって膀胱炎リスクがある

ということがあるので、あまり大きいものの場合は手術がいいこともあります。
ただし、ストラバイト結石であればしっかり溶けてくれることも多いので、食事に寄る溶解を行うことも多いです。


結石を溶かす機序としては
1.尿中の結石成分(リンやマグネシウム、アンモニア)を減らすことで尿中にこれらの物質が再度溶けだすことを助ける
2.尿のpHを酸性にすること(含硫アミノ酸による作用が大きいといわれています)で結石が溶けやすい環境を作る

ということです。
政見であれば半年を越えなければ健康には問題ないといわれています。


投薬治療に関しては、メチオニンが確かに多いですが、これも尿の酸化を促してストラバイトが溶けやすい状況を作るというものです。
こちらは特別投与期間の制限はありませんが、体が酸性に傾きやすくなり、バランスを崩してしまうことがあるので、それらを調節するための肝臓や腎臓が悪い子には禁忌になっています。

他にクランベリーもありますが、こちらも同じような働きになります。


それから溶解にしても手術にしても、その後に食事療法(結石を作らせないようにする維持食)を続けないと再発する可能性は高いです。
子の食事はそれほど強くないので、ずっと食べ続けても問題ないです。

まだ若いので、このまま結石と一緒に生活するというのはあまりお勧めできません。
石があれば膀胱炎のリスクは高いですし、常に膀胱の中で膀胱壁を刺激するので、膀胱の壁がどんどん分厚くなり、難治性の膀胱炎を起こしたり、膀胱内腔が狭くなっていくこともありますので。

僕はまずは食事療法を試されるのがいいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.


ご回答ありがとうございます。


説明不足でしたが、結石は膀胱内に小さいのが1つ~2つ。


 


問題は尿道(レントゲンでみるとペニスの根元あたり)に結石が降りてきていることです。


 


幸い肝臓、腎臓の数値は正常なので、投薬で結石を溶かし水分を多く摂取


させ、尿から排出させる治療を試してみたいのですがいかがでしょうか


その治療で溶けて排出されれば、定期的な検査、治療でなんとかなりそうな気がするのですが。


 


今のごはんの楽しみと、療法食の成分、添加物、防腐剤の疑問を天秤に


かけると、人間の治療に近い投薬がベターではないかと素人なりに考えて


おります。


 


答えにくい質問で大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

そうですか、少しそれは気になります ね。

一般的には膀胱の中のものよりも尿道のものは溶けにくいことが多いです。

「投薬で結石を溶かし水分を多く摂取

させ、尿から排出させる治療を試してみたいのですがいかがでしょうか」

これに関してはやってみる価値はあると思いますが、投薬の場合は、食事の成分制限をされていませんので、リンやマグネシウム、アンモニアの尿中濃度は下がりません。
尿の中にこれらの物質が少ないとそれだけそれらの成分が結石から尿中に溶けだしやすくなるので、食事療法の方が効果は高いです。

最初お薬でやってみて2週間から1カ月程度で変わらなければ食事という風にされるのもいいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。


投薬治療はどこの病院でもしていただけるのでしょうか?


ある病院はオス犬はやらない、他の病院はやりますとのことです。


 


獣医師により治療方針が違うと考えればよいですか?


 


一般的に治療効果は低いのでしょうか?


 


今回の質問でとりあえず最後とします。


 


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ある程度獣医師によって治療方針が違う病気があり、これもその一つです。
僕は個人的にはお薬はあまり使いませんが(食事をお勧めします)、飼い主さんの強い 希望があれば使うことがあります。
ですので、どこの病院がやっているかは実際に聞いてみないとわかりませんが、やっている病院は多いと思います。


それから効果は先ほども書きましたが、尿道内のものは膀胱内のものに比べて低眼にはなります。
その子その子で石の大きさや位置が違うので一概にどの程度の確率でというのは言えませんが、溶かす機序を考えると先ほども書きましたが、食事の方が可能性は高いです。


japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問