JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

千葉市に在住し、チワワを室内で飼っています。年齢7歳。 この犬が1週間ほど前から、時々ひきつるようなな鳴き声を出し

解決済みの質問:

千葉市に在住し、チワワを室内で飼っています。年齢7歳。
この犬が1週間ほど前から、時々ひきつるようなな鳴き声を出し、またよろめくような歩き方をするように なりました。しかし食欲はありました。近くの病院で診察を受けた結果、原因不明(足を触診しても骨折等はないとの診断)、暫らくは安静にするようと言われ、痛み止めの薬を出された。ところが、一昨日より食欲なく、ひきつる鳴き声が多くなり、また横になることが多く、再度診察を受けたが、特定の病名は分からず、脳またはストレスから来るものかと推定されました。とりあえず精神安定補助剤を渡されました。更に昨日に至っては、殆ど横になっており、また食も、水も取っていません。今後どのようにすればよいでしょうか。なお、先の病院では、検査用の設備がないことから別の病院を当たるよういわれました。千葉市で設備のある病院はどこかありましたらご教示下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
状況から推測すると脳神経系の異常の可能性が高そうです。それもかなり進行が早いものだと思います。
症状の進行がかなり早いですし、確定診断にはMRIなどが必要になってきますので、少し遠いかもしれませんが、大学病院を紹介してもらったほうがよいと思います。個人病院をあれこれ回るよりは一番設備の整ったところにいくほうがよいかと思います。
麻布大学や日大などはどうでしょうか?大学病院はかかりつけの先生の紹介が必要ですので、かかりつけの先生にも聞いてみるとよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


脳の病気とはどのようなものでしょうか。また検査方法と生命への影響の有無と概略の費用、ならびに治療方法と概略の費用、完治の有無、治療後の予後の対策と生命との関係等について出来るだけ詳しくご教示下さい。


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
実施に見ていないので、脳神経系の異常として可能性があげられるものを書いておきますね。
脳腫瘍や脳炎、椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍、脊髄炎などがあげられます。
検査方法はMRIや造影検査になり、費用は病院にもよりますが、10-20万はかかると思います。
全身麻酔が必要となりますので、麻酔のリスクはあります。血液検査などで他に異常がないか確認してからになるでしょう。
また、治療方法や予後はこれらの検査で確定診断 をしないことにはそれぞれ変わってきますので、なんともいえないところです。
ただ、膿に異常があった場合、人間のように手術をするということはほとんどありませんので、ステロイドを使ったりと対症療法が中心になるかと思います。他に脳腫瘍だったら放射線なども使用されるかと思います。
費用も治療の内容により大きく変わってきますが、20万は越えるでしょう。
予後に関しても同じですが、ヘルニアなどであれば完治することもありますが、脳であれば後遺症が残ったりと完治はきびしいと思われます。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

本回答を頂いた後、犬が日中は多少元気になり、フード(通常の半分程度)とおやつを食べ、また水を飲み、歩ける状況となりました。
然しながら夕方になり、また引き攣る声を出し、横になるようになりました。歩行も殆どしなくなり、多少歩いてもびっこを引いています。


ところで前回の脳の原因で、ちわわの代表的な病気である水頭症が入っていませんでした。この病気との関係はあるでしょうか(これまではこの病気との関係を指摘されたことはありません)。この病気との関連ならびに症状、診断法、治療法、および完治の可能性をご教示戴ければ幸いです。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
すみません、水頭症をあげていませんでしたね。確かに可能性はありますね。
症状など長くなってしまいますので、詳しく書いてあるURLをのせておきます。
http://www.petwell.jp/disease/dog/suitou.html

見た目の症状から脳腫瘍など他の脳神経疾患と鑑別するのは難しいと思いますので、鑑別診断のために検査を早めに受けられることをおすすめします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


昨日、血液検査とMRI等の検査を受けました。本日取りあえず口頭の検査結果報告がありました。


その結果。水頭症は手術するほどではないが、服用(降圧剤等)で対応してゆく必要がある。またこれ以外に ディステンパーの疑いがあり再度検査が必要とお思われること、更に側頭葉に軽度の腫瘍の兆候が認められるとありました。なお、ディステンパーには治療方法がないとの説明がありました。(この場合検査は不要と考えますが如何でしょうか)


 


該犬は相変わらず、横になっていることが多いものの、そこそこ食事もとる状態です。


今後の対応ですが、思い切って手術するほうが良いか(体力的に耐えられるか、失敗の確率はどうか、その後のケアーは荷重ではないか等懸念する点があります。また無保険のため手術費用も懸念の一つです)または服用により寿命を待つのが良いのか決めかねています。アドバイス戴ければ幸いです。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
ジステンパーの可能性は私は低いとは思います。というのも、ワクチンを今まで一度も受けられたことがないとかであれば、可能性もあるかもしれませんがこれまでの経過をお聞きしている限り、ジステンパーであれば急速に進行していきますし、可能性は低いと思います。

また、水頭症で手術までいくのはあまりありません。脳圧を下げることでまず様子を見てよいと思います。今の状態で麻酔をかけるのはかなり負担になると思われます。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問