JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。11才のミニチュアダックスです。昨日の朝までは普通に元気だったのですが、午後から急に元気がなくなり、獣医

解決済みの質問:

こんばんは。11才のミニチュアダックスです。昨日の朝までは普通に元気だったのですが、午後から急に元気がなくなり、獣医さんに点滴を打ってもらいましたが弱るばかりです。熱もなく吐いたりもしません。今は起き上がることもできず目を閉じて伏せをしたままです。悪いものを食べた心当たりもなく途方に暮れています。
考えられる原因は何でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

症状は元気がないというだけですか?
他に何か気になることはないですか?
ダックスちゃんで急に元気が亡くなる場合には椎間板ヘルニアが多いですが、背中の痛みや後ろ足が弱いということはないでしょうか?
また、なにか病院で検査はしてもらいましたか?


お手数ですが、もう少し情報をください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


獣医さんが背中もお腹もかなりきつく押してみても、痛がる様子も嫌がる様子もありませんでした。


食事は、一昨日までは普通。昨日朝はパンとヨーグルトほんの少し(ドッグフードは食べず)、昨日夕食は鶏肉を少し。


ここ1ヶ月ほど夜ひとりで寝なくなり、我々の寝室のドアをガリガリするので、やむなく添い寝、すると安心するのかおとなしくなるという状況があります。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。
先ほども書きましたが血液検査などはされていないですか?
また、舌の色が白いとか息が荒い等ということはないですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

4月にフィラリアの検査をしたときに他の項目についてもやりました(腎臓、肝臓、血糖値、コレステロール)。特に異常なしでした。


また、舌の色は普通です。息も荒いということはありません。いつも元気な子なのに反応がほとんどない。伏せをしたままです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

4月にフィラリアの検査をしたときに他の項目についてもやりました(腎臓、肝臓、血糖値、コレステロール)。特に異常なしでした。


また、舌の色は普通です。息も荒いということはありません。いつも元気な子なのに反応がほとんどない。伏せをしたままです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

4月にフィラリアの検査をしたときに他の項目についてもやりました(腎臓、肝臓、血糖値、コレステロール)。特に異常なしでした。


また、舌の色は普通です。息も荒いということはありません。いつも元気な子なのに反応がほとんどない。伏せをしたままです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

まず4月に検査をしたというのはすでに5カ月たっているので、急性の疾患がある場合はあまり意味がありません。
数年かけてじわじわ悪くなるような慢性腎不全や慢性肝炎で得あればその時に発見されますが、急性の病気であればその検査をしていたから大丈夫というものでもありません。
わんちゃんは人に比べて寿命が短い分、4, 5倍の速さでお歳を取りますので、人でいえば2年間ほど何も検査をしていないのと同じ状態と思ってもらってもいいでしょう。

現在立てないだけでなく、反応自体も弱くなってきているというのはかなり危険な状態であると思います。
どのような病気があるのかは検査をしてみないとわかりませんが、全身状態を重度に侵す病気(急性腎不全、急性肝不全、急性膵炎、糖尿病、心不全、リンパ腫や白血病など)が考えられます。
ヘルニアでも麻痺が強く出て痛みを出さない子もいます。

とにかくそれだけ状態が悪いのであればしっかりとした検査をしてそれに合った治療をしないと命の危険があってもおかしくないと思います。
明日の朝にはしっかり検査をしてもらった方がいいでしょう。
原因を調べずに点滴だけしてもよくなってくれることはまずないと思うので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
一か月前からの行動は体調の不良を本人が感じていた可能性はあります。
それが病的なものかどうかを言うことは難しいですが、ワンちゃんが自分の体調不良によって不安感を覚えてそのような行動をとっていた可能性は十分あると思います。

それから伏せしかできないのは、体のどこかに痛みがあるためその態勢が一番楽であるからかと思います。
ヘルニアや膵炎、腎結石など痛みを強く出す疾患の可能性もあると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。


今日、かかりつけの動物病院で、血液検査、レントゲン、超音波検査を行い、脾臓付近に血管肉腫がある可能性、それが破裂した可能性があると言われ、今夜手術することにしました。
犬の不安感覚からの行動は、そうかもしれないという気がします。


回答ありがとうございました。


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。


今日、かかりつけの動物病院で、血液検査、レントゲン、超音波検査を行い、脾臓付近に血管肉腫がある可能性、それが破裂した可能性があると言われ、今夜手術することにしました。
犬の不安感覚からの行動は、そうかもしれないという気がします。


回答ありがとうございました。


 

犬 についての関連する質問