JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

今年の春ぐらいから、家族にかじる様になり、獣医によると目が見えなくなってきたと言われて、三ヶ月前から月に二回体が震え

解決済みの質問:

今年の春ぐらいから、家族にかじる様になり、獣医によると目が見えなくなってきたと言われて、三ヶ月前から月に二回体が震え口から泡をだし、倒れて足をバタバタしてて、さすってやると、すぐおさまりその後いつもと同じでした、獣医にみて もらうと、過呼吸と診断、先月から、発作の回数が増えて、今月の始め、立ち止まってじっとしてるので、見てもらうと、血液検査で、尿は大丈夫だけど、肝臓が147で、発情もきて、神経が高ぶってると診断され、安定剤と、肝臓の薬をもらうが、よくならず、肝臓の薬が朝二回に増え、そのせいか、水を沢山飲む様になり、トイレも何処でもする用になり、グルグル家の中を歩く様になりなり、段々弱っていきましたが、食欲はあり、下痢もはいたりしていません、ただ、呆然と立ち尽くしたり、カベにブツかったり、なんでもかじったり、行動がおかしかったので違う病院に行く日な朝亡くなりました、病名が知りたいです
どうか教えて下さい、お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

パールちゃんの病気はおそらくですが、頭の中に問題があったのだと思います。

つまり可能性として一番高いのは脳腫瘍です。

なぜかというと、一つ目はパールちゃんの行動様式が変化していることです。家族の方をかじるようになるなど認知障害ともとれる行動をしております。

2つ目は発作様の症状です。高齢のワンちゃんで倒れてバタバタする発作症状を示すの場合、可能性として脳内に異常がある可能性が考えられます。

茫然と立ち尽くす、壁にぶつかるなどあきらかに意識レベルの変化が認められます。

また、突然死されていることも脳腫瘍の可能性を疑わせます。

内臓疾患の場合、突然死することはほとんどございません。

検査としては早めにCTやMRIをとっていれば診断がついた可能性が高いと思われます。ただし、診断がついたとしても、治療方法としてなにかあったかというと、やはり症状に合わせた対処療法位しかなかったかもしれません。

 

パールちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
有難うございました。バールの死に納得出来ました、もっと早く違う病院に連れて行ってあげればと、悔やまれますが、最後まで家族と居られたことが、何よりでした、パールの子供がいるのでその時はもっと早く気ずいてあげようと思います、パールの死後変な物食べたのか気になっていたのでパールの死に向き合う事が出来ました。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

パールちゃんも飼い主様といっしょに過ごせて幸せだったと思います。

パールちゃんの分も子供さんたちをかわいがってあげてくだい。

飼い主様のこころのつかえがすこしでも解消できたとしたら幸いです。

犬 についての関連する質問