JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

我が家では2匹の雄と1匹も雌がいます。昨日雌犬が 出産しました。出産は無事にすみましたが その日から雄の1匹が 様子

解決済みの質問:

我が家では2匹の雄と1匹も雌がいます。昨日雌犬が 出産しました。出産は無事にすみましたが その日から雄の1匹が 様子が変です。片時も私から離れないほどべったりの子ですが、そばにも来ず、エサも食べず、動かないで 時折悲鳴を上げます。体を触っても痛いところは無いようです。その子とは 一緒に寝ているのですが、夜中も時々 悲鳴をあげていました。 ストレス性のものなのでしょうか?  お答えお待ちしています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。宜しくお願い致します。

ご心配されておられるピットちゃんは去勢はすんでいますか。

また、悲鳴をあげる以外に食欲や元気さ加減、おしっこやうんちはありますでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

初めまして、


、宜しくお願い致します。ピットはパパ犬です。去年末 多頭飼いのうちで いじめられているので 助けてほしいと 預かりました。どんな環境で育ち、正確にはいくつかもわかりません。かなり甘えん坊で その日から私のベットで一緒に休み、今では正直一番かわいいです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

食欲はありません、おしっこはさきほど しましたが、うんちは 今日はまだです。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ピットちゃんの様子をお伺いして、すぐに考えられる可能性のあるのは、

1つ目が体のどこかに痛みがあるのではないかということです。動かない、食欲がない、時折悲鳴をあげる、とのことを考えますと、例えば椎間板疾患、膝関節の膝蓋骨脱臼、腹部のなんらかの原因による疼痛が考えられます。ピットちゃんを触っていただいたときにおなかの筋肉がすごく緊張していることはないでしょうか。また、背中を触られるのを嫌がるだとか。

その症状がある場合は椎間板疾患による背中の痛みの可能性が高いと思います。

また、歩いている様子を観察していただいて、後ろ脚のハコウいわゆるビッコがでていないでしょうか。その場合は膝が痛い可能性がございます。食欲がないとのことですが、便がゆるいとか、吐き気みたいなものはないでしょうか。吐き気はたとえば舌をやたらとぺろぺろして舌なめずりをするなどです。その場合おなかの痛いのかなと思います。

また、確かに出産という特別なイベントがピットちゃんにとってストレスとなり、かるい発作様の症状がでていることが考えられます。

痛みの場合は病院にて痛みどめの注射を打つがとかしてもらわないと治まらない可能性が高いですし、椎間板ヘルニアの場合症状が進行していき後ろ足に麻痺がでてくることもございます。

ストレスによる発作の場合は、今現在は安静にしておけばやがて落ち着いてくる可能性は十分考えられます。

私の意見としては、椎間板ヘルニアを疑ってみたくなります。従って、病院での診察をお受けになることができるのであれば早めに病院にいってみられることをお勧め致します。

 

すいません、待ちきれなくてご返事の前に回答をうってしまいました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。本日かかりつけが お休みですので 病院は明日になりますが 大丈夫でしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

追加ですが、椎間板ヘルニアの場合ほとんどが胸のやや後ろあたりに病状がでます。従ってよく飼い主様がワンちゃんを抱っこしようとして胸に手をかけるとキャンと鳴くとおっしゃる飼い主様が多いです。そのような症状があればほぼ間違いなく椎間板ヘルニアの可能性がたかいです。

ピットちゃんは甘えんぼとのことですので飼い主様が雌犬の出産につきっきりで、そのことがピットちゃんにとって相当ストレスになったとも考えられます。

よくよく、考えてみると病院にて獣医さんの診察をお受けになって、その結果ストレス性と診断されればそれで良しですし、いやそうではなくてやはり痛みがありそうだよとなればその場ですぐに痛み止めをうっていただくなどしたほうが安全だと思います。

犬が飼い主様のそばによらず、すみのほうでしょんぼりしている場合、ほぼちょっと飼い主様おひとりでは対処できないトラブルを抱えていると見たほうがよろしいかと思います。

本来は本日病院にいかれることをお勧めしたいです。

ただ、ほかに病院がなくてどうしても行かれないという場合、椎間板疾患のことを考えてケージレストをお勧めいたします。ケージレストとは犬を強制的に動く範囲を狭くして運動制限することです。例えば、きょうは狭いサークルに入れていただいてできるだけピットちゃんが動かないようにするこをお勧めいたします。もし膝が痛いのだとしても、この方法は膝をやすませることができますので有効です。

ヒトの場合動かず安静にしてといっておけばそれで済みますが、犬はそういったとこはできませんので、強制的に運動制限する必要があるのです。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご親切な説明ありがとうございました。初めての利用で勝手がわからなくてすみませんでした。さっそく病院を手配します。先生も頑張ってください。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

追加させていただきます。ピットちゃんの今日のお散歩については、おしっこ、うんちを室内でできるのであれば、散歩中止でお願い致します。もし外でないとおしっこ、うんちしないとのことであれば、外までだっこして連れ出して用を済ませたらすぐにまた抱っこして戻りサークル内での安静をお願いします。

いずれにしても、病院には一度必ずかかってくださることをお願い致します。

ピットちゃん、お大事にしてくださいね。

犬 についての関連する質問