JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳1ヶ月のボーダーコリー♂です。先月ごろから歯茎が白っぽくなりだんだん散歩もしんどそうになりました。えさは普段ど

解決済みの質問:

11歳1ヶ月のボーダーコリー♂です。先月ごろから歯茎が白っぽくなりだんだん散歩もしんどそうになりました。えさは普段どおり食べ、便も正常です。最近水をたくさん飲むようになりおしっこも多いので病院へ行き血液検査したところ、重度の貧血と肝臓の数値が悪く強肝剤などのお薬と肝臓サポート食で様子を見ています。
レントゲンでは腫瘍等は見られませんが、以前より肝臓が大きくなっていました。肝臓以外に他の病気等の可能性はありませんか。なんとか貧血くらいでも回復させたいのですが、よろしくおねがいします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、レントゲンは肝臓のシ ルエットしか見ることができませんので、レントゲンで分かる腫瘍というのはごく一部であり、腫瘍があるかどうかはエコーで診ないとわからないことが多いです。
リンパ腫や肥満細胞腫のように全体的に肝臓が腫れる腫瘍、肝細胞癌でも肝臓の内側の方で出来ていればレントゲンでは分かりません。
肝臓の大きさが大きくなっているのであればこれらの病気が怪しくはなります。

それから肝臓の大きさが大きくなっているのであれば胆管肝炎や胆嚢炎などの肝臓の炎症も考えられますが、食欲が正常で嘔吐や下痢がないとなると肝炎の可能性は低いかと思います。
また、膵炎でも同じように肝臓に影響しますが、その場合も症状は同じです。

貧血を改善するためにはまずはなぜ貧血が起こっているのか、肝臓の数値が高くなり、肝臓が大きくなっているのであればやはり肝臓の腫瘍が怪しいです。
まずはエコーをしっかりとってもらってその結果で手術や抗がん剤を使わないと貧血の改善はできないと思います。
リンパ腫や肥満細胞腫は骨髄にも影響して貧血を起こしますので、これらの腫瘍は特にあやしいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

よくわかりました。


リンパ腫、肥満細胞腫はエコーで診断できるのですね?
それらの設備のある病院を探してみたいとおもいます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
エコーの移り方で肝細胞癌などの腫瘤を形成する腫瘍との鑑別ができます。
リンパ腫と肥満細胞腫のエコー像は似ていますので、これらが怪しい場合は他の臓器(脾臓やリンパ節など)を調べることでどちらがより怪しいかわかり、最終的な確定診断は肝臓や脾臓などの腫れている臓器を体の外から針で刺して(通常無麻酔でできます)細胞を検査することでわかります。
エコーはほとんどの病院にありますので、大きめの病院を当たられるといいでしょう。

また何かあればご相談ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

よくわかりました。ありがとうございました。

犬 についての関連する質問