JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日散歩中突然後ろ足がもつれ歩行困難になりました。今朝も同様な症状です。 食欲は全くなく、呼吸は荒く下痢もあります

質問者の質問

昨日散歩中突然後ろ足がもつれ歩行困難になりました。今朝も同様な症状です。
食欲は全くなく、呼吸は荒く下痢もあります。体温は一度ほど普段よりたかいです。
可能性のある病気はなんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

可能性のあることとしては
1.脳の異常
2.脊髄の異常
3.後ろ足の関節の異常
のどれかになります。
熱があり、呼吸も荒いということになると、これらの中でも炎症性の疾患ということになります。

そうなると
脳であれば脳炎
脊髄であれば椎間板脊椎炎(ヘルニアとは少し異なります)や脊髄梗塞(線維軟骨塞栓症)、脊髄炎
関節であれば多発性関節炎(レントゲンでもはっきりとした以上がうつらないことがあります)やエリテマトーデスなどが考えられます。

その他全身的な血栓塞栓症が起こっても同じような症状を起こす可能性はあります。

どのような検査をされたのかはわかりませんが、体重が重すぎての歩行困難(たとえば慢性の関節炎などの体重の 負荷に伴う関節の負担)はお熱は出ませんので、そういったものではないでしょう。
多発性関節炎やエリテマトーデスなどの自己免疫疾患であれば血液検査でわかりますが、脳や脊髄の疾患の場合はMRIを撮らないとわからないことも多いです。
ただし、脳や脊髄の疾患は時間がたってしまうと治らないことも多いですし、上にあげたような病気は関節の病気も含めて命の危険があるものが多いです。

早めに大きめの病院でセカンドオピニオンを聞かれて、それでもわからない場合(MRI等が必要と判断された場合)はそういったところができる施設を紹介してもらった方がいいでしょう。
そういう施設は動物病院からの紹介状が要りますし、予約を取って診察してもらう必要があります。

文章から飲みの判断にはなりますが、体重が減れば改善するような病気にはとても思えませんし、自然にマシになっていくということもほとんど考えられず、急激な経過をたどる可能性も十分ありますので、早めに積極的な検査をしてもらうことをお勧めします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
もうひとつの質問の方にプラス評価を頂きましたので、こちらの方は評価をしないで閉じておいてください。
閉じないと二重で課金が行ってしまうの可能性があるので、注意してください。

犬 についての関連する質問