JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ラブラドールレトリバー8歳メスです。 あごの下のたれている所に少し前からぐりぐりができていました。 一昨日くらい

解決済みの質問:

ラブラドールレトリバー8歳メスです。
あごの下のたれている所に少し前からぐりぐりができていました。
一昨日くらいからそこを自分で掻いているようで、出血しています。
シャワーで洗おうとすると痛がります。(普段水はあまり怖がりません。)食欲はあり今のところ元気な様子です。
どのような病気が考えられますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず痛みがあるぐりぐりというのは炎症がある証拠ですが、その大本の原因が
1.腫瘍
2.細菌感染や単なる炎症
なのかのどちらかになります。

ラブラドールちゃんは腫瘍の多い犬種であるので、8歳であれば腫瘍である可能性も考えておかないといけないと思います。
正確な位置や見た目、さわり心地などを見ていないため絞り込んだ話はできませんが、皮膚にできる腫瘍として肥満細胞腫や扁平上皮がん、形質細胞腫などの悪性腫瘍もあれば脂肪腫や乳頭腫などの良性腫瘍もあります。
それらはすべて体のどの部 位にもできますので、可能性としてはあるでしょう。
また顎の下の首の横の部分であればリンパ腫や甲状腺癌などというものもあります。
ただし、皮膚にできる腫瘍だけの場合は痛みや痒みを伴うことは稀です。
もし腫瘍だとすればそこに炎症が加わって(そういうケースは多いです)、それらの症状を出しているものと思えます。

感染であれば傷に菌が入ってそこで炎症を起こす場合や、痒みがあって書きすぎて炎症を起こす場合、何かとげのようなものが刺さって炎症を起こして肉芽腫(これは腫瘍ではありません)を起こす場合などがあります。

年齢的には高齢ではありますが、平均寿命までは4,5年あります。
例え腫瘍だとしても皮膚にできるものは転移する前に手術で取ってしまえば完治できますし、今の年齢であれば、内臓に問題がなければ麻酔のリスクもそれほど高いということはないと思います。
一番怖いのは腫瘍だった場合に少し様子を見ていたらすでに転移をしてしまって手遅れになってしまったという場合です。

まずは、早めに病院で診てもらい、必要であれば針で刺してもらってその細胞を見てもらう検査で腫瘍なのかそうでないのかを見てもらってもいいと思います。
様子を見ることは得策ではないので、あとになって後悔しないためにも早めに診てもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問