JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

loverai0210に今すぐ質問する

loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

2日前の朝に元気にご飯を食べたあと、庭に用を足しに行き、なかなか帰ってこないので様子を見てみると外でぐったりとしてい

質問者の質問

2日前の朝に元気にご飯を食べたあと、庭に用を足しに行き、なかなか帰ってこないので様子を見てみると外でぐったりとしていました。呼んでも帰ってこないので、4時間ほど外にいて、やっと家に戻ってきました。その後お水も飲まず、ご飯も食べず、ただただぐったりとしていました。吐き気やお腹を壊した様子もありませんでした(便を確認しました)。その後 、何事もなかったように急に元気になったり、また重病人のようにぐったりしたり、を2日間続けています。獣医さんに行き、血液検査等しましたが原因がわからないとのことでした。個人的には前庭疾患?を疑っていますがただぐったりしているだけで他の症状がありません。強いて言えばやや傾いて歩き始めたこと(つい先程)、また目がきょろきょろおびえたような感じで動くことだけです。原因がわからないため大変困っています。尚、獣医さんでは脱水症状にならないようにラクダのように背中に水を2リットルくらい入れられて、骨粗鬆症の痛みなどに効く痛みどめ(1回しか飲ませていません)を頂きました。獣医さんがわかったのは、お腹が通常よりもやや硬くなっている、ということだけでした。アメリカ在住です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
確かに傾いて歩いているのなら前庭疾患の可能性は高いですね。目が動いているというのは、眼振といってゆれているような状態でしょうか?
また、病院では血液検査以外になにか検査はされましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事ありがとうございます。目が動いているというのは、おびえたような感じできょろきょろ、という方がより正確だと思います。目がぐるぐると動いているような感じではありません。血液検査以外には便、尿、また普通の診察をされました。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございます。
前庭疾患の場合、人間でいうと船酔いのような気分になるため、視点がさだまらなかったり、気分が悪いので元気も極端になくなったりします。この場合、検査で何も異常のないことがほとんどです。
症状的には前庭疾患もしくは脳疾患の可能性が高いと思います。

前庭疾患の場合、特発性といって、突然何の原因もなく起こり、何も治療しなくても数週間で元に戻ることもあります。ただ、あまりに元気がない場合は、ステロイドやビタミン剤も少し効果があります。
痛み止めを使ったよ うなので、少し間をあけないとステロイドは使えませんが、あと1-2日様子を見ても変わらないようならかかりつけの先生にも傾きのことをお話になって、ステロイドを処方してもらったほうがよいかもしれませんね。
傾きがひどくなってきたりすると、頭をいろんなところにぶつけたり、くるくる回ったりすることもありますので、外にはあまり出さず、ゲージなどに入れて回りを毛布やマットなど当たっても痛くないもので囲ってあげたほうがよいでしょう。
食事をとらない場合は、やはり今回のように皮下補液も必要だと思います。
なるべくお水はとるように積極的にあげてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

頂いたご回答内容に、自分なりにネットで調べたもの以外の情報がほとんど含まれていないので、もう少し質問させて下さい。


 


可能性として記載されていた脳疾患ですが、こちらはCT検査のようなものを行わなければ判明しないのでしょうか(今回のような血液検査ではわからないのでしょうか、ということです)。また、ガンに関してもやや心配していますが、ガンの場合は血液検査ではほとんどわからないかと思いますが、この疑いをはっきりするにはX線検査が必要なのでしょうか。


 


前庭疾患の場合ですが、ビタミン剤というのは経口でも問題ないのでしょうか。またどのようなビタミン剤が必要なのでしょうか。それとも皮下注射である必要があるのでしょうか。


 


何度かもう治った、というほどすっかり元気になるのにも関わらず、ほんの数時間でぐったりとしてしまうということは前庭疾患のケースでよく見られることなのでしょうか。素人が調べた範囲ですが、たった2日間の間でよくなったり悪くなったりを繰り返すという症例は発見できませんでした。再発する場合でも、症状は緩やかによくなっていく、という感じで、また数カ月または1年ほどで再発する、というパターンが多く見られたような気がします。


 


今はぐったりしている状態ですが、頂いた薬は1日に2回、1.5錠から2錠与えるように言われました。これを継続してあげるべきでしょうか。


 


たった今、犬が隠れていた場所から出てきましたが、かなり悪いようで、しっぽを足の間にしっかりかくしていて、やや震えています。また、冷たいコンクリートの床の上に長時間寝ていたからか、右の後ろ脚が震えています。どう対応すべきでしょうか。。。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

追加の質問・説明となります。


 


先程後ろ右足が震えている、と記載致しましたが、ひきずっている、という方が正しいです。また、斜めに歩いていましたが、今はまっすぐ歩けるようになっています。但し、全体的にですが(特にお腹の部分と胸の部分)が小刻みに震えています。今は目を閉じているので、視点に関してはわかりません。何度も申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

2回目の追伸となります。


犬の前足の付け根やお腹の部分がけいれんしたように小刻みに震えています。寒くて、または恐怖で、というよりも、けいれん(人間の顔面神経痛のような感じのけいれんです)。原因が少しでもわかればと思い、加筆させて頂きました。宜しくお願い致します。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか… おそらく痙攣というより震えに近いでしょうね。
全身性のものでなければ、問題はないと思いますが、これが全身性のものに変わるようなら脳腫瘍などの脳疾患の可能性のほうが高くなってきます。
もし可能なら今の姿をムービーなどでとっておいてかかりつけの先生に見せられたほうがよいかもしれません。
必要であれば、抗痙攣薬などを飲ませていけば落ち着いてくる可能性もあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

けいれんに関して了解致しました。


よく観察しようと思います。


いま気が付いたのですが、犬の右耳がやや後ろに引っ張られる感じで緊張してちょっとあがっています。左の耳は普通にしたにたれているので特にわかりやすいです。


 


前庭に関しては、耳の中に炎症が、という記載を読みましたが、獣医さんで耳の中を実際みて頂ければわかる病気なのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

もう1点質問です。


先程のメールにも記載させて頂きましたが、たった2日間でこのように症状が完全によくなったり悪くなったりということが前庭でありうるのでしょうか。お返事お待ちしております。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
確かに 明らかに外耳炎や中耳炎などがあって、そこから前庭疾患になる子もいますが、ほとんどが耳の鼓膜のあたりのほうなので、耳の障害というのは見た目ではわかりません。
頭が傾いているのは右側ではありませんか?
もしそうなら、耳の奥に違和感があると思うので、耳の形が変形して見えるのもわかります。
それと、前庭疾患の場合、先程のべたように一時的な船酔いのようなものなので、気分がよかったり慣れてくると見た目は普通になったりもします。ただ、今日頭の傾きがで出したのなら、もしかしたらこれから進行していく可能性もありますね。先程のべたようにくるくる回ったりするかもしれません。
よく様子は見ておいたほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

仮に前庭疾患だとしても、それを確定することというのはかなり困難なのかと思います(原因不明のため)。しかしながら、その可能性を考えた場合の対応として、獣医さんで抗生物質を頂いた方が宜しいのでしょうか(それとも突発性の場合は耳の中で炎症を起こしてはいないのでしょうか)。


 


尚、確かに右に若干傾いていて、右耳がややあがっていて不自然な形をしています。傾きながら歩くという行為自体は見られたり見られなかったりと一定しませんが・・。


 


犬によって異なるのかとは思いますが、これは通常は2,3週間ほど続くのでしょうか。そして症状も悪化したり、よくなったり、という感じなのでしょうか。今後どのようなことが起こることを想定しておけば宜しいでしょうか。ゆっくりと改善に向かう、とほとんどのサイトでは記載されていますが、うちの犬はどちらかというと少しずつ、より当てはまる症状が出ている、という感じなので少々戸惑っています。


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
ステロイドも使用することになると思いますし、抗生物質は念のため使った方がよいと思います。

また、症状は2-3週間から数ヵ月続く子まで様々です。ただ大概はだんだん体が慣れてきて、傾きつつも食事をとれたり、歩行などもしっかりと可能になってきます。
今は症状が少しずつ出だ しているときかもしれませんが、もし前庭疾患であれば、ある程度のところまでくれば、食事をも落ち着いてくると思います。
症状の変化に気づかない飼い主さんがほとんどなので、前庭疾患は急にくる!と思われるかもしれませんが、今のような感じで徐々に症状がでることもありますので、そこは
気にしなくてもよいと思います。
あとは、この症状がステロイドなどのお薬でどれだけ緩和されてくるかだと思いますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

気分の良いときにはお腹がすくようで、ドッグフードはその際にかなり普通に食べられています。今のところ食事が終わ ってもはくようなことはありません。先程から犬が落ち着かずに徘徊するように色々な部屋を移動しては、寝ようと試みて、また移動、を繰り返しています。ところがその後、また気分が良くなってきたようで、食事をねだりましたので、ご飯をあげたところ、すっかりと気分が良くなり、いつもの寝どこで安心したように寝ています(それまでは暗くて人の手が届きにくいところに隠れるようにして寝ていました)。今晩のような徘徊?は初めてですが、特に今のところはどこにぶつかるわけでもなく、普通に移動していました。この所在なさげに歩き回る行動も前庭疾患の症状の一部なのでしょうか。。。


 


耳の不自然な上がりはより顕著になってきています。


 


ステロイドに関しては副作用が強いようですが、具体的にこれを使用することにより、どのような症状が緩和されるのでしょうか。


 


相変わらず目立った症状は、ただぐったりとする、ということですが・・・。


 


何度もありがとうございます。犬の症状がめまぐるしく変わるので、質問したいことが次々に出てきます。すみません。


 


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
いえ、よく様子を見られていてよいことだと思いますよ。

所在なさげに歩き回るというのは、前庭疾患の特異的な症状ではありませんが、よくわんちゃんが気分が落ち着かない、どこか体に違和感があるようなときにそのような行動をとることがあ りますね。
なので、この症状から前庭疾患だとはいえませんが、やはりなにか体に違和感は感じているのではないでしょうか?

ステロイドは様々な効果があります。
抗炎症作用がありますので、前庭や脳で炎症があった場合それをおさえてくれます。また食欲増進作用などもあります。総合的にきくような感じですね。
ちなみにステロイドで副作用が出るのは長期間高用量で使用したときなので、今回のような抗炎症を期待して使用するときには気にされなくてもよい程度だと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません、未だしっかりと把握していないのですが、突発性の前庭の場合、原因がはっきりしないけれども、耳の中では炎症が起こっている、ということでしょうか。


 


最も問題となっている症状自体はぐったりして元気がない、ということなのですが(言いかえれば他にはほぼ症状は見られません)、これはステロイドで改善されるのでしょうか、それともステロイドや他のものを投薬するか否かは、より具合が悪くなってから(ぐるぐるまわりはじめる、など)考えればよいのでしょうか。炎症を抑える働きがある、ということはぐったりしている原因が炎症にあると考えた場合、その炎症が治まれば、元気も出てくる、という考えでしょうか。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
正確にいう と、前庭は耳の中ではなく、三半規管の部分なので、耳のさらに奥の部分になります。
炎症だけではなく、変性や腫瘍などによる圧迫なども考えられますので一概に炎症だけが原因だとはいえません。

ステロイドは、もう今の段階から使った方がよいかと思います。
ただ、先程のべたようにいろいろな原因にきくので、前庭疾患でなくても脳腫瘍などが原因であれば、脳圧を一時的に下げたりとかにもきいてきます。
ぐったりしている原因も炎症だけとは限りませんので、総合的にきいてくれるだろうというステロイドを使ってみましょうということになります。
もし、原因をどこにあるか特定させたいということでしたら、脳や前庭部分のMRIが必要になります。ただ麻酔が必要ですし、治療としては結局一緒になりますし、特発性であれば、MRIでもわからないということになりますので、現代の医学では前庭疾患の場合は対症療法が中心となってくるのです。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

長いお時間色々とありがとうございました。


ネット上で飼い主さんの経験と比較してみると、前庭と呼ぶにはかなりマイルドな症状(うちの犬はただぐったり、ですが、他の飼い主さんは9割程度の確率で眼振と旋回の症状を記載されていました)なので、本当に前庭なのかどうか、未だわかりませんが、再度獣医さんのところに行き、この病気についての可能性を示唆させて頂いて、ステロイド投薬について相談してみることにします。前庭でなくても、ステロイドが彼女の具合の悪さを少しでも緩和してくれるのであればよいのですが。


 


それでは本当にお付き合い頂いてありがとうございました。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですね、確かに前庭疾患とよぶには、まだ頭の傾きくらいなので、特定はできませんが、ステロイドを使うことで少し気分が改善してくれたらと思います。
またなにかありましたら、お聞きになってくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。


今朝は気分も良いようでご飯も食べたりしていますが、またもや症状が変わり、今度は階段の上り下りがつらそうで、一段ずつゆっくりと上がったり下がったりするようになりました。間接が非常に硬い、という印象です。あ と昨晩見せた徘徊のような、ただ所在なくうろうろする感じが今朝も続いています。大体は時計と反対周りで、ただうろうろと落ち着ける場所を探しているような感じです。気分がよりよくなったのは良いのですが、今度は骨粗鬆症の犬が見せるような階段の上り下りの困難、そしてうろうろと歩き回る、という症状です。いったい彼女は何の病気なのか・・・。前庭、脳の異常以外に考えられることはありますでしょうか。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
そうですね、他に考えられるとしたら骨粗鬆症というのはわんちゃんではそう聞きませんので、ラブラドールさんの雑種ですし、関節炎かと思います。高齢になってきていますし、関節炎も起こしやすいお年です。
股関節の痛みがあるのかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

股関節の痛み、もしくは関節炎の顕著な症状(階段の上り下りにおける困難など)が見られる前に、今回のような、ただただぐったりとしていて食欲もなく水も飲まない、というような症状が出る、ということは関節炎の犬に見られることなのでしょうか。未だゆっくりできることがないからなのか、まだ所在なさそうに歩き回っています。ゆっくりできないかもしれないので、ケージにいれようか考えていますが、逆効果でしょうか。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
いえ、ゲージなどにいれて安静にしておいたほうがよいと思います。
あまり動き回ると骨折など起こすこともあります。
関節炎はレントゲンでわかりますので、もし気になられるようならレントゲンもとられてみたらよいでしょう。

ただぐったりしているから関節炎は結びつけられません。前も申しましたようにぐったりしているというのだけでは診断はできませんので、いろいろなことを考えないといけません。
レントゲンをとったりして除外していくしかないと思います。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問