JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

loverai0210に今すぐ質問する

loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

14才になる柴犬のミックスですが、3年ほど前に近所の獣医さんから「前庭炎」といわれ、目がぐるぐる回って、動けなくなっ

解決済みの質問:

14才になる柴犬の ミックスですが、3年ほど前に近所の獣医さんから「前庭炎」といわれ、目がぐるぐる回って、動けなくなったことがありました。 そのときは、注射を打って、症状は治まりましたが、少し右に首が傾いたようになっていました。 それから、ずっとその状態でしたが、最近、2ヶ月ほど前から、散歩中に、突然、右側を下にして倒れこみ、口を大きく開けて苦しそうに唸ることがありまして、5,6分間、その状態が続き、動けなくなります。 2ヶ月の間に4回ありました。首の右側をさすっていると、そのうち立ち上がり、歩き始めます。道路の真ん中でも、動けなくなるため、車の往来もあり、危険ですが、重くて動かせません。 前回、治療してもらった先生も、その場にいないためか、病名や治療方がわからないようで、投稿しました。 病名、治療法など、教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
それはもう前庭疾患の範囲ではなく、脳の問題かもしれません。
おそらく脳腫瘍などの脳疾患の可能性のほうが高いと思います。
というのも、倒れこんだり、苦しそ うにしたりするまでいくと、いろいろな症状が重なっているので、膿腫瘍などでいくつもの神経が障害を受けている可能性があるからです。
前庭疾患だけだったら、船酔いみたいなものなので、吐き気はあったりしますが、顔を傾けながらもあとは普通の生活をすることが可能です。

診断するにはMRIなどの高度の検査を受ける必要がありますが、麻酔が必要ですし、原因がわかったからといって膿の問題だと正直手のほどこしようがありません。
症状に応じて、例えばステロイドのお薬を使ったりすることで対処していくことになると思います。
それと、お散歩はもう何があるこわかりませんので、トイレに出すだけの感じで短時間で戻ってきたほうがよいでしょう。
もしかしたら、今後てんかんや痙攣などが起こる可能性もあります。
脳の問題であれば、他にも呼吸困難や歩行困難など、様々な症状が起こる可能性もあります。
もし、かかりつけの先生が見ないと診断できないとのことでしたら、携帯のムービーなどで動画をとっておくことをおすすめします。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答ありがとうございました。飼っている母に伝えました。年齢は14歳でなく17歳でした。この年齢ですから、仕方ないかと思います。父が昨年なくなり、その父が世話をしていた愛犬なので、母の思い入れも強いようです。


母から追加の質問がきました。食事ですが、食べたいものしか食べなくなり、売られているペットフードは、食べなくなっています。食べたいものを食べさせていればよいのか、流動食のようなものに切り替えていったほうがよいのか・・やはり、いろんな栄養バランスを考えたペットフードをいろいろ試すべきか・・


もう一件は、おなかの皮膚が黒く変色していることです。


以前、獣医さんに塗ってもらった湿疹の軟膏の後遺症と説明を受けたようですが、母は皮膚がんではないかと心配しています。


アドバイスをお願いします。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
今はもう食べれるものをあげればよいと思います。
ただ、人間のものや塩分の高いものはあまりあげないほうがよいと思います。
子犬用のフードはカロリーも嗜好 性も高いのでおすすめですよ。
流動食などでもよいですが、食べれるようならしっかり歯を使ってかんだほうがよいので、なるべく缶詰などでもよいのであげてください。

あと、皮膚が黒いというのは、確かにメラノーマという癌などの可能性もありますが、私も先生と同じ意見で前の軟膏のあとか皮膚炎が慢性化したものではないかと思います。
皮膚が黒くなるのは皮膚病が慢性化したときによく出ますので、最初赤かった皮膚が徐々に黒くなっていくのはよくあります。
もしメラノーマのような皮膚の癌でしたら、どんどん広がったり、化膿したりすることも考えられますので、今回は可能性は低いのではないかと思います。
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
他にお聞きになりたいことはございますか?

もし回答にご納得頂けましたら、評価の方をしていただけると助かります。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問