JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ポメラニアン8歳。7月、深夜に元気のない歩き方や目線がおかしかった。朝、いつも喜んで起きるのに、ぐったり。すぐに病院

解決済みの質問:

ポメラニアン8歳。7月、深夜に元気のない歩き方や目線がおかしかった。朝、いつも喜んで起きるのに、ぐったり。すぐに病院で血液検査し、様子を見る。夕方、かかりつけの病院へ行き、レントゲンを撮 る。食道が曲がっているとのこと。チアノーゼも起こしていて、心臓が悪いと言われ、胆汁の薬と心臓の薬、気管支拡張の薬をもらって帰宅。翌日、食事はできたが、その翌朝、やはりぐったりする。すぐに病院へ行き、ステロイドの注射。翌々日からは、いつも通りに回復。ALPの数値も下がってきて、一か月半後、CT検査したが、腫瘍などはなかったが、胆汁が砂状になっている箇所があると。数日後、前足が引きずっていたが、すぐに治る。数日後、足のふらつき、体が震える。すぐに病院へ行くが、心臓の薬を増やされて、とりあえず様子見となった。翌日、また前足のびっこ。 今、食欲もあり、尿、便も毎日していますが、このまま様子を見るのみなのでしょうか。前足のびっこも気になりますし、どこか悪い所があるのではないかと心配です。どうしたらいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

ご質問ありがとうございます。

血液検査で副腎皮質機能低下症(アジソン病)やCRPの検査はされていますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

7月の最初に、かかりつけではない病院でした血液検査でのクロールの結果は、109でした。CRPというのは血液検査欄に載っていません。かかりつけの病院で8月末に血液検査したものには、副腎皮質機能低下症という欄もCRPという検査結果欄はありませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

突然のびっこや体の震え、元気の消沈で普通の 検査をしてもあまり分からないものの中に副腎皮質機能低下症(アジソン病)と多発性関節炎があります。
これらの病気で普通の血液検査やCTでは分からないことが多く、それの特殊な検査をする必要があります。
これらはステロイドの投与でかなり改善しますので、症状とステロイドへの反応からは少し怪しいかと思います。

アジソン病は副腎からホルモンが出なくなる病気で、一般的なものはカリウムが上がってナトリウムが下がるということが出てくるので、電解質のチェックである程度判断付くことが多いですが、とくどき非定型アジソン病というものがあり、これはホルモン検査をしないとわかりません。

それからCRPとは炎症の有無を見るもので、多発性関節炎のような自己免疫性疾患で上がってきます。

どちらもそれほど負担のかかる検査ではないので、一度調べてもらっておいた方がいいでしょう。


心不全の症状もありそうですが、突然びっこを引き出すという症状から、この二つの病気が少し怪しくなってきます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

電解質のチェックである程度判断付くことが多いということですが、正常値範囲内です。


炎症の有無を見るものという数値も、確か先生が、特に出ていないと言ってました。


心臓の雑音も特に悪くなっているというのもないと、別々のお医者様から言われました。


何度もすみませんが、ご回答をよろしくお願いします。


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
上にも書きましたが、定型のアジソン病では電解質でほとんどが判断できますが、非定型 のものは電解質には出てきません。
ホルモンの検査が必要です。


それから炎症の数値というのはおそらく白血球のことだと思います。
白血球は感染症や一部の炎症性疾患では上がってきますが、免疫疾患の場合は白血球は上がらず、CRPだけ上がるということも多いです。
炎症があるかどうかは白血球だけでは分かりません。
上記のホルモンの検査と同じく、CRPは通常、病院では検査できなく血液を検査センターに回してやってもらうものになります。


それから心臓は心音だけでは全て判断付くわけではないです。
レントゲンやエコーを使わないと拡張型心筋症や心臓腫瘍、心タンポナーゼなどはわかりません。
また、もし心臓に異常がなくて食道が曲がっているというのであれば、そのあたりのリンパ節や血管に何らかの異常がある可能性があります。
それにより食道が押されて曲がっているのではないかと思います。

CT(頭部?)は取ってもらっているようですが、文面からのみの判断では、病気の診断にはまだ必要な検査がいくつかあると思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度もありがとうございます。


 


CTは、頭部以外を撮りました。


食道が何かに押されて曲がっていることはないと診断されました。その他の異常はみられないとのことでした。


 


健康診断のため、毎年、血液検査をしてます。今回は、血液を検査センターに回してやってもらいました。


 


心不全


拡張型心筋症


心臓腫瘍


心タンポナーゼ


多発性関節炎


非定型アジソン病


 


の疑いがないか、調べてもらうことにします。


原因を見つけてあげないと、わんちゃんが苦しみます。


いろいろとありがとうございました。

犬 についての関連する質問