JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。 実家の犬(柴犬6歳)の病気について質問させてください。 1ヶ月ほど前に外耳道に腫瘍があり、また、水

解決済みの質問:

初めまして。
実家の犬(柴犬6歳)の病気について質問させてください。
1ヶ月ほど前に外 耳道に腫瘍があり、また、水平耳道に石灰化が進んでいたため手術をしました。
腫瘍は良性で、過形成性炎症性ポリープで増殖の可能性あり。とのことでした。
薬を服用して症状は落ち着いていましたが薬をやめて1週間ほどすると
腫瘍が再発し、以前は耳の中をよく見ないと確認できなかったのが、今回は一見して分かるくらいだそうです。
かかりつけ医に相談したところ、あまり時間を置かずに全耳道切除手術をしたほうが良いとアドバイスを受けました。

全身麻酔には様々なリスクがあり、また、この手術は後遺症の可能性もあると聞いております。
この手術を決断するには、他の医師の方にも判断を仰いだほうがいいのでしょうか?
実家の母と主治医の先生とはよく意思疎通が出来ており状況は良く分かりますが
本当に手術をしたほうがいいのか、他の手段があるのかアドバイス頂けませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

結論をいいますとやはり手術はされたほうがいいと思います。

理由としては
・まだ6歳なので、長い子では これから10年以上生きることもできる
・そのまま放置しておいてもどんどんひどくなるだけで、気にして掻いて傷つけてしまうとジュクジュクして感染しまい、かなりQOL(生活の質)を落とす
・良性の腫瘍でも放置すると悪性転換することがある
・お薬などではどうしようもできない

ということです。

もちろん、飼い主さんが言われるように全身麻酔にはリスクがありますが、年齢的には内臓に問題がなければ、リスクは特別高くはないかと思います。
それから全耳道切除は確かに神経にさわると顔面神経麻痺などが起こる可能性はありますが、それほどよく起こる合併症ではないですし、文面から判断する限り部分耳道切除をしても再発する可能性は極めて高そうです。

セカンドオピニオンを聞きに行かれるのは全く悪いことではないですので、飼い主さんがやはり念のため他の獣医師にも実際に診てもらいたいというのであれば、セカンドオピニオンを聞きに行かれるのもいいですが、文面から判断するには、今回のケースは将来のことを考えると全耳道切除が一番の方法ではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問