JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミニピン 女の子 2008.02。14生まれ 4さい6ヶ月 助けてください。どうしたら、良いのか判断に迷ってま

質問者の質問

ミニピン 女の子 2008.02。14生まれ 4さい6ヶ月

助けてください。どうしたら、良いのか判断に迷ってます。

本日、右前足に痛みと震え、元気なし、吐くのが多い、大好きなおやつも食べず、食欲なしが有るのでかかりつけの病院に行くと
     ・レントゲンで脱きゅう、骨切ではない。何かの衝撃で骨が欠け、筋肉に入り混んだかもしれい。
     ・血液検査で腎臓の数値が高いので詳しく検査した所9.8 去年の今頃 2.0.
       他に貧血あり  糖尿、熱中症なし。
     ・子宮蓄膿症ではない。 アレルギーが有るので避妊まだです。
     ・エコーで腎臓を見ると二つとも本来の形をしていない。手術も組織検査も出来る状態では無い。
      腎臓ガン リンパ播種の可能性。
      生きているのが不思議なくらい。いつ、死んでもおかしくない。
      期間を聞くと答えてくれませんでした。
     ・抗がん剤、点滴で足の痛みに痛み止めの皮下注射の処置。
      毎日、抗がん剤の点滴に通う事になりました。

     我が家には子供が無く、娘、孫の様に愛してきました。突然、あまりに早い辛い宣告な ので冷静
     でいられません。
     少しでも、改善策があればと思い、先生方のご意見を頂きたく、よろしくお願いします。
     
     ・少し気になる事は最近、免疫抑制剤atopicaを1日おきにのんでいました。よく吐いてました。
      その為、今年のワクチン未接種。
     ・ステロイド プレドニン5ミリを4分の1 1日おき 
      抗生物質 オレンジ 4分の1  1日2回
      ミタチーム 白      上と同じ
     今までの事は下記に書きました

   セカンドオピニオン・専門医・などのこともアドバイス頂けたら幸いです。
   お返事お待ちしております。


生後半年から皮膚にかゆみあり。お薬を飲ませても改善しないのでアレルギー検査。
鳥、ターキ-、コメ、コーン、マグロ、よもぎ、タバコ、などほかにも沢山反応しました。
気管支炎の薬を飲んでます。ご飯はヒルズプロからアミノからロイヤルカナン 低分子プロテイン。
逆くしゃみ症候群。もあります。あまりにお薬が増え具合悪くなると注射。酷くなるばかりなので、転院。
今の病院で気管支炎症が酷いのでステロイド使用。 中々、切れずにいました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに今の状態であれば腎臓がんの可能性もありますが、年齢と症状と経過から考えると全身紅班性狼瘡(全身性エリテマトーデス)の可能性も高いと思います。
この病気は自己免疫疾患の一つで、自分の免疫 が自分の組織を攻撃して、主に、皮膚、腎臓、関節を攻撃しますので、今の異常個所に一致します。
血液を外部の検査機関にまわして抗核抗体やCRPといったものを調べることで腎臓腫瘍とエリテマトーデスの鑑別は付きます。
この血液検査は血液さえ取れれば後は外部の検査機関に委託して数日待つだけなので簡単ですし、どこの病院でもできます。

腎臓腫瘍とエリテマトーデスでは治療法がかなり異なります。
正直両側性に腎臓腫瘍がある場合は、根本的な治療ができず予後はかなり悪いですが、エリテマトーデスであれば、ステロイドなどの免疫抑制剤を高容量使うことで(今の量ではエリテマトーデスの治療には全く足りません)かなり改善します。

ですので、まずは今の病院で検査をしてもらうか、少し気まずいのであれば、少し大きめの病院でセカンドオピニオンを受けてください。
高度医療が必要な場合は大学病院等の二次病院へ行く必要がありますが、そのためには紹介をしてもらい、予約まで待たないといけないので、その間にもどんどん進行して、そこまでもたない可能性もあります。
血液検査ならどこでもできますので、少し大きめの病院でしっかり検査してくれそうな病院にまずはセカンドオピニオンを求められるのがいいでしょう。
今の数値であれば確かにいつなくなってしまっても不思議ではありません。
明日にでも病院を探して行かれることをお勧めします。

犬 についての関連する質問